家庭教師の選び方 - 派遣会社の口コミ評価で選ぶ

家庭教師を派遣する会社の口コミ評価で選ぶ

家庭教師選びをする際に、家庭教師を派遣する会社の口コミを調べ、その評価で選ぶのはお勧めできません。口コミの真実性は誰にも分かりませんし、自作自演も可能です。家庭教師に求められるのは、たった一人の生徒との相性です。

家庭教師を会社で選ぶ無意味さと自分で確かめ人物で選ぶ大切さ

インターネットで、家庭教師派遣会社の評価や口コミを調べて、良い評価や口コミの派遣会社に家庭教師の派遣を依頼した…

 

家庭教師選びで最もナンセンスな選び方で、よくある勘違いと失敗が派遣会社で家庭教師を選ぶことです。

 

家庭教師を会社で選ぶナンセンスさ

 

会社で選ぶナンセンスさ

会社で選ぶナンセンスさ

現在、さまざまな家庭教師派遣会社があります。

 

TVのCMで大々的に宣伝している大手から地方の中小まで、色々な派遣会社が存在しています。

 

もちろん派遣会社の評価も大切です。

 

悪い評価をされる会社よりも、良い評価の会社の方を選びたいという気持ちは当然です。

 

しかし例えばインターネットに存在するそれらの評価や口コミが、真実を伝えているかどうか、実はそれは誰にも分からないのが現実なのです。

 

業者の書き込みと評価の客観性

 

インターネットに存在する掲示板、質問箱には、誰でも匿名で書き込みが出来ます。

 

ある会社に対して、その評価をライバル会社が中傷する場合もあれば、逆に自社を自作自演で高い評価をする書き込みをする事も可能です。

 

また仮に真実を伝えている評価としても、人は感情の生き物であり、人が下す判定には必ず個人の感情や考え、さらには人間性が反映され、それらは百人十色の個々の主観的な評価で、客観的な評価ではないことが多々あります。

 

さらには学習指導を受ける子どもではなく、お金を払う保護者と家庭教師との相性という要素もあり、プラス評価でもマイナス評価でも情報の信憑性という面で客観性に欠ける面があります。

 

そういった業者による書き込みの可能性があり、また客観性に乏しいインターネットの情報に惑わされる事、家庭教師派遣会社の選定の決め手にする事はナンセンスです。

 

会社の就職で、応募してきた人材を履歴書などの書類だけではなく、面接で本人の人間性などを確認し、採用するかどうかを最終決定するのと同じです。

 

あくまでも、自分の目で実際に確かめる事が必要なのです。

 

自分で確かめ人物で選ぶ

 

家庭教師にも色々な人が居ます。

 

「頭脳明晰で学業優秀である人=素晴らしい教師」とは決してならないのが現実です。

 

マンツーマンで教育をしてくれる家庭教師に求められるのは、たった一人の生徒との相性です。

 

一人の教師と一人の生徒という組み合わせの相性です。

 

この相性こそが家庭教師を選ぶ最終判断となり、最良の相性により最良の学習指導が受けられ、最良の結果をもたらします。

 

体験のみにより正しい判断を下す材料が得られる

 

もしも子どもに家庭教師を付けた体験が無いならば教師と生徒の相性とは、どういうものか、どういった相性が自分の子どもに合っているのか、それを判断する材料が無いこととなります。

 

こちらのカテゴリー「真面目で学力が低い子ども向け家庭教師」以降の記事で、それぞれの子どものタイプに合う相性の家庭教師をご紹介していますが、最もお勧めなのが家庭教師の無料体験です。

 

無料体験がお勧めなのは、保護者だけではなく子ども本人が体験できる事で、家庭教師に求めるものを実際に経験し身を以て人との相性の重要性が理解できるからです。

 

体験を積んで、正しい家庭教師選びが出来る体験を「親子」で積むことをお勧めします。

 

家庭教師の無料体験授業のお勧めに関する記事「小学生・中学生用 家庭教師派遣」を是非参考にして下さい。

 

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

家庭教師を派遣する会社の口コミ評価で選ぶ 関連ページ

家庭教師を教師の通う学校や出身校で選ぶ
家庭教師を、その教師が通う学校や出身校で選ぶこともお勧めできません。学校のレベルは参考程度にして、教師として素晴らしい素質を持っているかどうかを問うべきです。親子で、その家庭教師の授業を受ける事をお勧めします。
家庭教師を授業料や使用教材などの料金で選ぶ
家庭教師を1コマの授業料、時給、使用教材など、料金で選ぶのもお勧めできません。教育費に予算の制限があるなら個別指導の学習塾も選択肢に入れましょう。料金で決めるのではなく、あくまでも教師本人の能力と素質で選びましょう。
ピッタリの家庭教師と巡り合えるまで努力を続ける事
良い家庭教師を選ぶ為には、保護者自身が自分の目とお子さんの目で人物の確認をするという事が最も大切です。子供の成績アップ、志望校の入試合格という絶対的な目標達成を家庭教師に求めるならば、冷静にドライに教師を選ぶべきです

ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead