家庭教師を授業料や使用教材などの料金で選ぶ

家庭教師を料金で選ぶ無意味さと能力と素質で選ぶ大切さ

家庭教師の授業料、1マス当たりの授業の単価や、使用する教材が、お値打ちな金額なので決めた…

 

確かに学習塾と比べて、マンツーマンの指導を依頼する家庭教師はコストが高くなります。

 

家庭生活でお金は、とても大切な要素ですから、いくら大切な子供の教育費とはいえ無制限に使うことは出来ません。

 

 

家庭教師を金額で選ぶナンセンスさ

金額で選ぶナンセンスさ

金額で選ぶナンセンスさ

学費が生活を圧迫するような事態は、精神面でも良いこととは言えませんので、少しでもリーズナブルな家庭教師派遣を検討することは決して間違いではありません。

 

しかしお金の事、つまり家庭教師の授業料や教材の金額を最優先に派遣会社を選ぶということ自体はお勧めできません。

 

いくら費用を節約したつもりでも、期待した学習効果が得られなくては、安物買いの銭失いとなるだけで、無駄にお金を使う事となり何のメリットもありません。

 

学習塾の個人指導も選択肢にする

近年では、値段の安さを前面に出し、安かろう悪かろうという家庭教師派遣は殆ど無くなりましたし、また家庭教師の指導能力に疑問を感じたり、子供との相性が良くないと思われる場合に、他の教師とチェンジが出来るところが大多数で主流です。

 

ですから金額がお値打ちであることを選択肢に加ることは悪いことでは有りませんが、最優先とするべきではないでしょう。

 

もしも予算が足らない場合は家庭教師だけではなく、生徒を個別指導をする学習塾も選択肢に入れると良いでしょう。

 

私自身が個別指導塾の教師を体験していますが、学習指導内容も指導方法も殆ど家庭教師と変わりません。

 

違うのは、通う必要があるか無いか、です。

 

家庭教師をテストしてみる

費用対効果を考えて家庭教師に子供の学習指導をお願いする事を決めた場合、教師は安かろう悪かろうではないことを、どうやすれば知る事が出来るでしょうか?

 

家庭教師の能力をどのようにチェックしたら良いでしょうか?

 

派遣された教師の能力レベルを図る方法の1つとして、生徒である子供の学校の宿題、またはテストなどを教師に解かせてみるという方法があります。

 

子供の学校の宿題やテストを解かせて、もしも満点が取れればOKですが、1問でも間違えるような人は断る、またはチェンジをして貰いましょう。

 

また、その教師が「テストを受けることは出来ません。」と言うならば、その派遣会社自体、契約を解除した方が良いでしょう。

 

こういった面からも、料金や学校で選ぶのではなく、あくまでも教師本人の能力と素質で選ぶようにしましょう。

 

予算と良質な家庭教師選びを両立させるには

出費を最低限に抑え、しかも何人かの候補から家庭教師を選びたい、そんな方には家庭教師の無料体験をお勧めします。

 

予算を考慮しながら、しかし最良の家庭教師を選ぶに最も適した方法、お勧めの方法、それが家庭教師の無料体験です。

 

また金額面だけでなく、あくまでも「お試し」であって、家庭教師派遣会社としても営業活動の一環で契約前なので、教師のチェンジ、また契約しない事も気兼ねなく出来ます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク