家庭教師の選び方 - 授業料や使用教材の料金で選ぶ

家庭教師を授業料や使用教材などの料金で選ぶ

家庭教師を1コマの授業料、時給、使用教材など、料金で選ぶのもお勧めできません。教育費に予算の制限があるなら個別指導の学習塾も選択肢に入れましょう。料金で決めるのではなく、あくまでも教師本人の能力と素質で選びましょう。

家庭教師を料金で選ぶ無意味さと能力と素質で選ぶ大切さ

家庭教師の授業料、1マス当たりの授業の単価や、使用する教材が、お値打ちな金額なので決めた…

 

確かに学習塾と比べて、マンツーマンの指導を依頼する家庭教師は、コストが高くなります。

 

家庭生活でお金は、とても大切な要素ですから、無制限に子供の教育費を使うことは出来ません。

 

家庭教師を金額で選ぶナンセンスさ

 

金額で選ぶナンセンスさ

金額で選ぶナンセンスさ

学費が生活を圧迫する事態は、精神面でも良いこととは言えませんので、少しでもリーズナブルな家庭教師派遣を検討することは、決して間違いではありません。

 

しかし、お金の事を最優先にするということ自体はお勧めできません。

 

学習塾の個人指導も選択肢にする

 

近年では、値段の安さを前面に出し、安かろう・悪かろうという家庭教師派遣は、殆ど無くなりましたし、また家庭教師の能力に疑問を感じたり、子供との相性が良くないと思われる場合、他の教師とチェンジが出来るところが殆どです。

 

ですから金額がお値打ちであることを選択肢に加ることは悪いことでは有りませんが、最優先とするべきではないでしょう。

 

もしも予算が足らない場合、個別指導をする学習塾も選択肢に入れると良いでしょう。

 

私自身が個別指導塾の教師を体験していますが、学習指導内容も指導方法も殆ど家庭教師と変わりません。

 

違うのは、通う必要があるか無いか、です。

 

家庭教師をテストしてみる

 

派遣された家庭教師の能力レベルを図る方法の1つとして、生徒である子供の学校の宿題、またはテストなどを教師に解かせてみるという方法があります。

 

子供の学校の宿題やテストを解かせて、もしも満点が取れればOKですが、1問でも間違えるような人は、断る、またはチェンジをして貰いましょう。

 

また、その教師が「テストを受けることは出来ません。」と言うならば、その派遣会社自体、契約を解除した方が良いでしょう。

 

こういった面からも、料金や学校で選ぶのではなく、あくまでも教師本人の能力と素質で選ぶようにしましょう。

 

予算と良質な家庭教師選びを両立させるには

 

出費を最低限に抑え、しかも何人かの候補から家庭教師を選びたい、そんな方に、家庭教師の無料体験をお勧めします。

 

予算を考慮しながら、しかし最良の家庭教師を選ぶに最も適した方法、お勧めの方法、それが家庭教師の無料体験です。

前のページ 次のページ

お勧め家庭教師サービス


 家庭教師のトライ

家庭教師のトライ

トライは、1987年創業で30年以上の歴史を持ち、家庭教師業界NO.1の実績を誇ります。合格実績が豊富なプロ家庭教師によるマンツーマン授業で苦手科目を得意科目に変える学習指導を行います。苦手1科目だけでも、定期試験前や夏休み中の短期間だけの学習指導にも対応をしています。



 あすなろ

あすなろ

1900年創業のあすなろは小中高生が対象です。勉強の習慣づけ、勉強法、指導法、定期テスト対策、受験対策、受験情報に関する学習指導に力を入れ、また「不登校訪問専門員資格」を持つ教師による、引きこもりや不登校の児童の学習指導も行っています。無料のお試し授業があります。



 ガンバ

ガンバ

1992年創業のガンバのモットーは「勉強嫌いでも正しいやり方とコツを身につければ楽しさと充実感へと変わる」で、小中高生が対象です。お試し期間で1ヶ月間指導を受け家庭教師との相性や指導内容に満足できない場合は指導料相当額を返金する保証、また無料体験レッスンもあります。



 家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバス

ノーバスは1983年創業で、第一志望校の合格率95%、教師変更率1.6%を誇ります。目的別に、さまざまなコースとプランが用意され、無料体験授業もあります。不登校・ひきこもり・LD(学習障害)・ADHD(注意欠陥多動性障害)・自閉症の児童用の「こころの未来」コースがあります。
 

facebook はてなブックマーク

家庭教師を授業料や使用教材などの料金で選ぶ 関連ページ

家庭教師を派遣する会社の口コミ評価で選ぶ
家庭教師選びをする際に、家庭教師を派遣する会社の口コミを調べ、その評価で選ぶのはお勧めできません。口コミの真実性は誰にも分かりませんし、自作自演も可能です。家庭教師に求められるのは、たった一人の生徒との相性です。
家庭教師を教師の通う学校や出身校で選ぶ
家庭教師を、その教師が通う学校や出身校で選ぶこともお勧めできません。学校のレベルは参考程度にして、教師として素晴らしい素質を持っているかどうかを問うべきです。親子で、その家庭教師の授業を受ける事をお勧めします。
ピッタリの家庭教師と巡り合えるまで努力を続ける事
良い家庭教師を選ぶ為には、保護者自身が自分の目とお子さんの目で人物の確認をするという事が最も大切です。子供の成績アップ、志望校の入試合格という絶対的な目標達成を家庭教師に求めるならば、冷静にドライに教師を選ぶべきです

ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead