家庭教師を正しく選ぶために最初に考え理解しておくべき事

良い家庭教師は子供を勉強面をメインとして育ててくれる人

このサイトでご紹介していますように、自分の子供にピッタリな家庭教師を見つける、選ぶ、子供の学習指導をお願いすることは、なかなかと難しいと言って良いでしょう。

 

例えば、どんな素晴らしい会社の中にも、会社を代表するような立派で有能な社員も居れば、ダメ社員も居ます。

 

どんな有名な大学、学校にも、素晴らしい学生も、そうでない学生も共存します。

 

 

人への評価は価値観で変わる

評価は価値観で変わる

評価は価値観で変わる

そもそも、この良い・悪いの判断も何を以て「良い」とするか、「良くない」とするか、非常に曖昧であり人それぞれの価値や判断で違ってきます。

 

会社員であれば、会社への貢献度が高い人や営業成績が抜群な人が有能な人であり、また価値観の違う経営者のもとでは、部下の指導能力を有する人が素晴らしい人材であり、また他の会社では真面目な人が素晴らしい人かもしれません。

 

学校であれば、成績が優秀であれば良い学生であり、また人間性が素晴らしい学生も良い学生です。

 

このように、人の良し悪しは、それを判断する側の価値観で変わるものです。

 

では、家庭教師の良し悪しは、何を以て判断するのが適切なのでしょう?

 

家庭教師の良し悪しを決めるもの

良い家庭教師、それはイコール、子供を勉強面をメインとして育ててくれる人、と言えるでしょう。

 

優先される事は、「勉強が出来るようになる事・学校での成績がアップする事」ですが、それと同時に人間性、独立心、向上心を育ててくれる、個人的に指導をしてくれる、伸ばしてくれる教師、それが優秀な家庭教師です。

 

そんな家庭教師を見つける、子供の勉強をお願いするには、先ず親がしなければならない事が幾つかあります。

 

それを理解せず、実行せず、「自分の子供にピッタリの家庭教師」を見つけることは、不可能と考えて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク