学習習慣を身につける / これだけは勉強するように指導する

小学生は宿題をするという習慣づけをするだけで一定の効果が見込める

「学習習慣がない…」

 

「せっかく学習机があるのに、全然座っていない」

 

「一日、ほんの数分でもいいから、とにかく机に向かわせたい」

 

そう悩んでいる保護者の方は意外に多いものです。

 

では、どうしたらこの「学習習慣を身につけること」が可能になるのでしょう?

 

 

「食卓で勉強」は諸刃の刃?!

食卓での勉強

食卓での勉強

これはある程度主観が入る事ですので、決して一般化できることではありませんが、よく「食卓で勉強をする」というご家庭がありますよね?

 

これは、「親の目の届くところで子供を勉強させて」「親子の関係を築く」という意味ではとても良いことです。

 

実際、この形態の方が勉強ができる、という子もいるでしょう。

 

しかし私自身のことを考えれば、この形は決してプラスになりませんでした。

 

なぜかというと、食卓の周りにはテレビがあったり、そうでなくても「親」や「家族」がいるわけです。

 

ついつい気が散って、あれやこれやと話しかけてしまうのですね。

 

基本はやっぱり「これだけ」の勉強から

昔から言われていることですが、この対応策としては、やっぱり「これだけ」は勉強するように子供を指導することです。

 

小学生のうちは「宿題をする」という学習習慣づけをするだけで、一定の効果が見込めるでしょう。

 

とにかく、「宿題をする」ということには、体調不良以外の理由は許さず、徹底することです。

 

これだけで学習習慣はある程度身に着けることができます。

 

それでもどうしてもだめな場合、後述するように家庭教師や塾を利用するのも手でしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク