成績学業アップ / 子供の気持ちに添うよう親も一緒に努力する

成績アップをしたいという子供の気持ちに寄り添い保護者も協力する

ここからは、純然たる「成績アップ」「学業アップ」を目的にした項目になります。

 

そのため、学習習慣がついていることや、授業をきちんと聞いている事は最低限の要素になります。

 

 

「成績アップをしたい」という子供の気持ちに寄り添う

子供の気持ちに寄り添う

子供の気持ちに寄り添う

子供の中には勉強に意欲を燃やし、積極的に成績アップに取り組もうとする子がいます。

 

これは私の実体験ですが、このような子供の気持ちを「子供らしくない」「無理しているに違いない」と、無理やり外に連れ出したりアウトドアを強制したりする保護者も少なからずいます。

 

もちろんその子供が何がしかの問題をはらんでいる、無理をしていると第三者の目からみても明らかな場合は、このような方法というのは、あながち間違いではありません。

 

しかし、「勉強したいのにさせてもらえない!」というストレスは、時には「勉強したくないのにさせられる」というストレスを凌駕するものです。

 

子供が「勉強したい」「家庭教師をお願いしたい」と言い出したときは、もちろん経済的な事情もあるでしょうが、できるだけその望みに寄り添いたいものですね。

 

保護者も一体となって努力をする

どんな子供でも自分自身、学校の成績が良くなりたい、勉強の出来る生徒になりたい、そして教師からも親からも褒められたいと考えています。

 

その子供の気持ちに添うように、保護者も一緒に努力する、日々の生活の中で協力することが必要です。

 

いくら「子供が望んだから」と言っても、勉強部屋の隣でずっとテレビなどを大音量で流したりしているのは気遣いがたりないでしょう。

 

また、家庭教師を選ぶにしても、子供の意見を聞きつつも保護者の意見も口にし、すり合わせていくことが大切です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク