家庭教師の選び方 - 家庭・親がすべき対策 / 中学生

家庭ですべき対策・親がすべき事 / 中学生

中学生の勉強と家庭教師についてご説明します。中学校授業への移行・自発的な勉強・劣等感解消としての学業アップ・高校受験のための偏差値アップ・志望校の受験対策。これらのために家庭ですべき対策、親がすべき事をご説明します。

家庭ですべき対策・親がすべき事 / 中学生 記事一覧

中学校授業への移行 / 親の実体験を子供に話し違う実感を持たせる


中学校授業への移行

小学校から中学校の授業への移行で、授業の質もやりかたも大きく違ってくることに対する家庭での対策として、親の実体験を子供に話しつつ、小学校とは違うという実感を持たせる事をお勧めします。保護者の昔話程度にとどめておきましょう。

≫続きを読む

 

学習習慣を身に付ける / 強制力のある学習塾や家庭教師に頼る


中学生の学習習慣

自発的に勉強する学習習慣を身に付けるために家庭ですべき対策として、学習塾や家庭教師に頼る事をお勧めします。中学生で学習習慣がない場合、矯正は非常に困難です。ある程度の強制力で勉強しなければならない空間を作る必要があります。

≫続きを読む

 

劣等感解消と成績アップ / 苦手科目を作らず得意科目で点数獲得


中学生の劣等感解消と成績アップ

劣等感を解消し成績アップするために家庭ですべき対策は、苦手科目を作らせない事です。また、苦手科目を得意科目にするのではなく、苦手科目では最低限の点数を取り、その代わり得意な科目で点数を獲得するという学習指導もお勧めです。

≫続きを読む

 

高校受験対策 / プロに依頼しないなら親が指導の勉強をする


高校受験対策

高校受験対策のための偏差値アップ対策を考える際、保護者が子供に中学生の勉強を教えられるだろうかを自問自答する必要があります。家庭教師に依頼せず、家庭で勉強するのであれば、親自身が指導するという勉強をすることが必須です。

≫続きを読む

 

志望校の受験対策 / 本来の志望校かという確認を親子で行う


中学生の受験対策

志望校の受験対策として家庭ですべき事として、志望校が本来の意味での志望校かという確認を、親子で行う事をお勧めします。志望校としている学校より、レベルの高い学校に合格できる学力レベルがあったら、どうするのかも考えましょう。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead