志望校の受験対策 / 本来の志望校かという確認を親子で行う

志望校が本来の意味での志望校なのか親子の意思の統一は必須

高校受験も中学受験と一緒で、早めに志望校を定めれば、その分その学校に向けた取り組みや対策が有利になります。

 

3ヶ月の準備期間と1年の準備期間では、後者の方が有利なことは自明の理でしょう。

 

 

学校と家庭

学校と家庭

学校と家庭

とはいっても、多くのケースの場合、中学3年生の3学期の三者面談(学校によっては二者面談ですが)で、学力と、はりにかけて受験校を選ぶことが多いです。

 

逆に言えば、「ここに!」と明確に志望校を絞り込んでいる場合は、学校の対策よりも、家庭や家庭教師、学習塾の対策の方が的確になるケースがあります。

 

これは学校が悪い、というわけではなく、あくまで中学校は義務教育であり多くの生徒を抱えているので、どうしても「一対一」の指導や対策が難しくなるからです。

 

意思の統一を! その「志望校」 本当に確定ですか?

まず家庭でしてほしいのは、「その『志望校』は、本来の意味での『志望校』なのか」ということです。

 

後輩で、「高校は母の母校である京都の女子高に行きます。子供のころの夢でした」という子がいました。

 

この場合は、本当の意味で「志望校」であると言っていいでしょう。

 

しかし、「今現在『志望校』としている学校よりもレベルの高い学校に合格できる学力レベルがあったら、どうするのか」ということも考えてほしいのです。

 

「行けるならもっといい学校に行きたい」と思うか、「いや、たとえもっと上の学校に行けたとしても、ここの学校に行きたい」と思うかで、対策は変わってきます。

 

親子の意思の統一は必須です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク