褒めて伸ばす家庭教師/相性=非常に良い/学力が低い子供への基本

褒めて伸ばす家庭教師 + スポーツ好きで学力が低い子供 = 相性 ◎

ここからはスポーツが好きで、中学・高校であれば学校の運動部の部活動を優先するタイプの子供に焦点を当てています。

 

 

学力の低い子供には「褒めて伸ばす」が基本

褒めて伸ばすのが基本中の基本

褒めて伸ばすのが
基本中の基本

褒めて伸ばす家庭教師+スポーツ好きで学力が低い子供の組み合わせは相性が非常に良いです。

 

再三触れてきてはいますが、学力が低く、勉強の評価が低い子供には、「褒めて伸ばす」タイプの家庭教師をあてがうのが基本中の基本です。

 

一つ一つ出来るたびに細かく褒めていくのが常道ですが、他のタイプの時と違い、このタイプの子供の場合は、相手のやっているスポーツになぞらえて褒める事が出来る家庭教師だと尚いいですね。

 

剣道をやっているのなら、「これで足運びが出来るようになったのと同じだよ」などの言い方をチョイスするのです。

 

難しい言葉を選ばない

この時に特に注意して欲しいのが、「難しい言葉を選ばない」という事です。

 

特に国語が苦手な子供の場合は要注意。

 

家庭教師の言っている言葉が「わからない」という事になれば、聞く気も半減してしまいます。

 

「スポーツと同じで、勉強も、『わからない事』『出来ない事』は恥ずかしい事じゃない。

 

誰だってそうだったんだから」と伝えながら教える事の出来る家庭教師なら、ベターです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク