熱心で熱血な家庭教師/相性=良い/同じスポーツが好きな教師を

熱心で熱血な家庭教師 + スポーツ好きで学力が低い子供 = 相性 ○

大体想像がつくかな、とは思うのですが、スポーツに熱心な子供と最も相性が良いのが、この「熱心で熱血な家庭教師」です。

 

その理由も見ていきましょう。

 

 

「自分も同じだった」という事を言える家庭教師を選ぶ

可能なら同じスポーツが好きな教師を

可能なら同じ
スポーツが
好きな教師を

学力の低い子供の場合、「自分も同じように落ちこぼれだった」という体験を持つ人の方が親近感を抱かせる事ができる、という事は前にも触れました。

 

運動が好きで、スポーツ、運動部活動が優先の子供の場合、これがもっと大事になってきます。

 

「小学校では運動ばかりしていて、勉強は好きではなかった。」、「自分も中学校(あるいは高校)の3年生の夏休みまでスポーツしかしていなかったけど、それからの半年で志望校に合格出来た」という体験談を語れる家庭教師は、非常に貴重です。

 

加えて熱血タイプの教師の場合、スポーツの指導者のような頼もしさも感じる事が出来るでしょう。

 

よって、熱心で熱血な家庭教師+スポーツ好き学力が低い子供の場合の組合せの相性は良いです。

 

可能なら同じスポーツが好きな家庭教師を

ちょっと難易度が高くなるのですが、もしも可能なら、子供と同じスポーツをやっていた家庭教師を選べるとより良いです。

 

共通の話題があると話が弾むし、親近感も沸きます。

 

「この先生も同じ事をやっていて志望校に合格したんだから、自分もきっと大丈夫だ」という目には見えない「自信」は、特に学力の低い子供にとって、大きくて強大な「味方」になる事でしょう!

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク