友達タイプの家庭教師/相性=非常に良い/認めた相手に反応し勉強

友達タイプの家庭教師 + 天才肌で学力が低い子供 = 相性 ◎

「天才肌」と言いましょうか「個性的」と言いましょうか、子供の中には一定数このタイプがいます。

 

学力が低い子供にとって、採用すべき家庭教師はどのようなタイプなのでしょうか。

 

 

「友達」タイプが有利な事

認めた相手に反応し無理なく勉強に

認めた相手に反応し
無理なく勉強に

友達タイプの家庭教師+天才肌で学力が低い子供の場合の相性は非常に良いです。

 

これ、ちょっと意外な気がしませんか?

 

天才肌の子供の場合、周囲に対しての感応能力が低いと思われがちですが、自分が認めた相手にはきっちり反応をする、という特徴があります。

 

そのため、子供がなつく相手の場合は、この組み合わせが非常に有効です。

 

友達タイプの家庭教師は、その子供の性格に寄り添い、同じ価値観を共有出来るため、天才肌の子供にとっては非常に「なつきやすい」パターンであると言えます。

 

学力が低く天才肌だからこそ

天才肌の子供の場合、周囲の評価はあまり気にしません。

 

そのため、周囲がヤキモキしていても、本人は自分の成績の悪さを気にしないケースがほとんどです。

 

当然自主性に任せる事は出来ないのですが、「友達と」「遊ぶように」勉強していく事が可能なこの組み合わせでは、子供が無理なく勉強に入り込んでいく事が可能なのです。

 

ただし、踏み込みすぎると警戒されてしまう事もあるので、家庭教師の見極めは慎重に行いましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク