熱心で熱血な家庭教師/相性=悪くない/指導スタイル一致で相性良い

熱心で熱血な家庭教師 + 天才肌で学力が低い子供 = 相性 △

熱心で熱血タイプな家庭教師と子供の組み合わせに関しては、どんな相性になるのか、想像がつきにくいと思います。

 

今回はこのタイプに焦点を当てましょう。

 

 

基本的に相性はイマイチ

指導スタイルが一致した時は◎

指導スタイルが
一致した時は◎

熱心で熱血な家庭教師+天才肌で学力が低い子供の場合の組み合わせの相性はあまり良くないとなりますが、どちらかというと×に近い△ですね。

 

天才肌タイプの子供は、色々な意味で非常にマイペースです。

 

自分のペースが乱される事を激しく嫌いますし、押し付けられる事に関してもマイナスのイメージしか持っていません。

 

学力が低い子供の場合でも、これは単純に「勉強が出来ない」のではなく、「勉強に対して興味のベクトルが向いていない」からなので、無理やり勉強に持っていこうとしても、モチベーションは上がらないし、反発もします

 

それでも×にならない理由

しかし、学力の低い子供で天才肌の性格であっても、×にはならない理由があります。

 

それは、「先生の目指すものや指導スタイルと、子供の願望やベクトルが一致した時は他のタイプ以上に能力が伸びる」からです。

 

そうなると、他のタイプには類を見ない程の急激な成長を遂げます。

 

よく言われる、「今まで偏差値が35前後だったのに、最後の1年勉強しただけで偏差値60以上の大学に合格した」という受験生が正にこのパターンに当てはまります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク