知性派で合理的な家庭教師/相性=良い/効率主義で合理的で現実的

知性派で合理的な家庭教師 + 天才肌で学力が低い子供 = 相性 ○

理知的で合理的な家庭教師と、天才肌の子供は比較的相性がよいです。

 

天才肌の子供への家庭教師のあてがい方はとても難しい、というのは前述した通りです。

 

学力が低い子供にとって、採用すべきはどのようなタイプなのでしょうか。

 

 

合理的+学力低い子供の組み合わせの唯一の例外

効率主義で合理的で現実的な考え

効率主義で
合理的で現実的な考え

基本的に、合理的な家庭教師と学力が低い子供の組み合わせは、あまり相性が良くない、という事は、今までも触れてきた通りです。

 

しかし天才肌のタイプの場合のみ例外になります。

 

知性派で合理的な家庭教師+天才肌で学力が低い子供の組み合わせの相性は良いです。

 

その理由は何故なのでしょうか。

 

そもそも「冷たい」と感じない

天才肌の子供の場合、相手の対応が「褒める」というものであっても、あまり高い評価に結びつかない、ということがあります。

 

逆に言えば、かなりの効率主義のため、相手の対応如何に左右されにくく、他のタイプが「冷たい」と感じてしまう合理的なタイプでも相性が良いのです。

 

加えて、成績が低い子供であっても、自分の成績の悪さに悩んでいる事は極めて少ないため、自分のマイナス点を伝えて、それを矯正していくやり方の合理的タイプにも拒否感がありません。

 

寧ろ、嘘のない現実的な対応を好む傾向さえあります。

 

そのため、他の組み合わせではマイナスになりがちな合理的タイプ×学力が低いタイプでも、このようにプラスの評価が出てくるのです。

 

これは非常に特徴的な傾向と言えるでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク