家庭教師の選び方 - 繊細な神経で学力が低い子供との相性

繊細な神経で学力が低い子供向け家庭教師

人見知りで繊細なタイプの生徒に家庭教師をつける際、気をつけなければ、「1対1なのに質問も出来ない」という事になりかねません。こうなると家庭教師を雇う意味が、なくなってしまいます。「天才肌」のタイプとはベクトルが違いますが、選択は慎重に。まず、「繊細な神経で学力が低い生徒」です。

繊細な神経で学力が低い子供向け家庭教師 記事一覧

褒めて伸ばす家庭教師/相性=非常に良い/寄り添い出来た事を評価


繊細な神経で学力が低い子供

褒めて伸ばすタイプの家庭教師は、学力レベルが低い子供にとって力強い味方になりますから、相性は非常に良いです。ゆっくり子供に寄り添い、出来た事を一つずつ評価してあげ、前向きな言葉を掛けるようにしましょう。

≫続きを読む

 

友達タイプの家庭教師/相性=良い/高圧的にならずゆっくり一緒に


繊細な神経で学力が低い男の子

友達タイプの家庭教師と、繊細で学力が低い子供の組み合わせの相性は良いです。子供に寄り添い慰めたり励ましたりしながら、ゆっくり一緒に歩んでいく姿勢が理想的です。子供からグチや不安感を打ち明けられるようになったら一人前です。

≫続きを読む

 

知性派で合理的な家庭教師/相性=悪くない/不用意な踏み込みがない


繊細な神経で学力が低い子供

知性派で合理的な家庭教師と、繊細で学力が低い子供の場合の相性は悪くはないという評価になります。家庭教師が子供のプライベートに対し不用意に踏み込まない事は、繊細で自信を失くしてしまっている子供にとって非常にありがたい事です。

≫続きを読む

 

熱心で熱血な家庭教師/相性=悪い/強引さが繊細な生徒にとって重荷


繊細な神経で学力が低い女の子

熱心で熱血な家庭教師と、繊細で学力が低い子供の場合の組み合わせの相性は悪いです。繊細なタイプには、高圧的な態度や言動は禁忌です。繊細な子供にとっては大きな重荷になってしまい、マイナス思考に陥っていきます。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead