友達タイプの家庭教師/相性=良い/高圧的にならずゆっくり一緒に

友達タイプの家庭教師 + 繊細な神経で学力が低い子供 = 相性 ○

友達タイプの家庭教師は、実際の「友達」と一緒で、あうあわないがあります。

 

そのため、子供の性格をちゃんと見抜いて、望ましい付き合い方が出来る教師を選びたいもの。

 

特に、子供が繊細な性格ならば尚更です。

 

 

「高圧的ではない」という事が一番の条件

高圧的にならずゆっくり一緒に歩む

高圧的にならず
ゆっくり一緒に歩む

友達タイプの家庭教師+繊細で学力が低い子供の組み合わせの相性は良いです。

 

というのも、繊細なタイプの子供、特に学力が低くて自信を持っていない子供の場合、高圧的な態度でこられたり、強引に手をひっぱられる事が苦手だからです。

 

そのため、「褒める」に続いて「寄り添い上手」な友達タイプの家庭教師が高評価となります。

 

上でも軽く触れましたが、決して高圧的になってはいけません。

 

あくまでも子供に寄り添い、時には慰めたり励ましたりしながら、ゆっくり一緒に歩んでいく姿勢が理想的です。

 

グチや不安感を打ち明けられたら一人前?!

繊細なタイプの子供で、自信を失くしている状況だと、自分の弱音を人に吐くのが難しくなっています。

 

そのため、自分の感情の捌け口を見失い、更に自分自身の内側に溜め込んでいってしまいます。

 

「友達タイプ」といいポジションの家庭教師なら、そのように迷っている子供から、グチや不安感を打ち明けられるようになったら一人前です。

 

人見知りな子供が、その内心の悩みを吐露できるようになった、という事だからです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク