知性派で合理的な家庭教師/相性=悪くない/不用意な踏み込みがない

知性派で合理的な家庭教師 + 繊細な神経で学力が低い子供 = 相性 △

クールな印象がある知性派タイプですが、意外に繊細なタイプの子供と相性は悪くありません。

 

それは何故なのでしょうか。

 

 

ビジネスライクは傷つかない

不用意な踏み込みがない

不用意な踏み込みがない

知性派で合理的な家庭教師+繊細で学力が低い子供の場合の相性は悪くはないという評価になります。

 

知性派タイプの家庭教師は、良くも悪くもビジネスライクです。

 

そのため淡々としており、子供のプライベートや性格面、生活面に対して不用意に踏み込みません。

 

この事は、人見知りで繊細で自信を失くしてしまっている子供にとって非常に「ありがたい」事です。

 

上から言葉を掛けられる事もなく、距離感なく踏み込まれる事もないからです。

 

「言い方一つ」の意味

しかしながら、時にはこのビジネスライクさが裏目に出てしまう事もあります。

 

どうしても冷たい印象を抱かせてしまいますから、「ホンネが分からなくて怖い家庭教師」と感じてしまうのですね。

 

「怖いです」と口に出来る子供ならいいのですが、繊細であるが故、それも出来ません。

 

そのため、家庭教師の方で「言い方」を考えて欲しいと思います。

 

これは何も難しい事ではありません。

 

例えば宿題が出来なかった時、

 

「何故出来なかったの? 出来なかった理由は?」と聞くのではなく、「忙しかったのかな、それとも体調を崩していたのかな?」と言い方を変える、というだけの事です。

 

言い方一つで印象が変わってくるのは、普通の社会生活と同じです。

 

特に相手は、繊細で人見知りをしており、奥手である「学生」であるという事を念頭に置き、意識して言葉使いを変えていくのが家庭教師の正しい方法です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク