褒めて伸ばす家庭教師/相性=非常に良い/得意科目を褒め苦手克服

褒めて伸ばす家庭教師 + 真面目で学力が平均の子供 = 相性 ◎

個人的に最もオススメの組み合わせの一つがこれです。

 

褒めて伸ばす家庭教師+真面目で学力が平均の子供です。

 

 

相性はバツグン

得意科目を褒め苦手を克服

得意科目を褒め
苦手を克服

褒めて伸ばす家庭教師+真面目で学力が平均の子供の組合せの相性は非常に良いです。

 

◎以上の、花丸でもいいかも知れませんね!

 

「誰でも褒められるのが嬉しい」というのは前述した通りですが、真面目な子供というのは、良くも悪くも周囲からの評価を非常に気にします

 

特に中程度の学力を持っていれば、余計にそうです。

 

得意科目はあるかないか

家庭教師はその性質上、苦手で点数の悪い科目を受け持つ事になります。

 

しかし通知簿などで他の科目について目にする事もあるでしょう。

 

その時、得意科目がある子供なら、一言でいいのでその科目に言及し、褒めてあげて下さい。

 

真面目な子供で、かつ得意科目と苦手科目の差が激しい子供というのは、総じて得意科目に自信を持っています。

 

そこを褒めてもらえる事で、苦手科目へのモチベーションも大きく上がります

 

個人的に家庭教師として、「いいなぁ」と思った手法は、前の「自分」とちょっと比べて、「昔は解けなかった問題が解けるようになっているよ、この時の君がたくさん努力したからだね!」という言葉でした。

 

今の自分の進歩を認め、そして過去の自分の努力にも敬意を払ってもらえた、と子供は感じられますよね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク