知性派で合理的な家庭教師/相性=良い/ランクアップを狙う際に有効

知性派で合理的な家庭教師 + 真面目で学力が平均の子供 = 相性 ○

真面目で学力が平均程度の子供と、「理知的で合理的」な家庭教師のタイプとの相性です。

 

1ランク上を目指すなら

ランクアップを狙う際に有効

ランクアップを
狙う際に有効

知性派で合理的な家庭教師+真面目で学力が平均子供の子供の組み合わせは、「今の志望校より1ランク上、2ランク上」というように、「可能なら志望校のベルを上げて受験したい」という組み合わせに有効<です。

 

よって組合せの相性は良いとなります。

 

信頼できて、指導力と学力が高い家庭教師のタイプはの場合、ただ単に「志望校に合格する」という事だけではなく、合理的に物事を判断し、「もう一歩先の学校」を視野に入れる事が可能です。

 

子供の真面目さも相まって、授業は順調に進むでしょう。

 

個人的な付き合いは控える

とても逆説的な言い方になってしまうのですが、この組み合わせの場合、家庭教師との個人的な付き合いは避けるべきです。

 

あくまでビジネスライクに、「先生と子供」の線引きを守った方が、授業がスムーズに進みます。

 

基本的に、お茶などもやめておいた方がいいですね。

 

というのも、この組み合わせの場合、2時間程度だと勉強に集中している事が多く、休憩が寧ろ授業のジャマをしてしまう可能性が高いのです。

 

もちろん、勉強時間が3時間を超えるようなら休憩は必須ですが、2時間程度の場合はそのまま授業を続行しましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク