家庭教師の選び方 - 真面目で学力が高い子供との相性

真面目で学力が高い子供向け家庭教師

家庭教師を選び、契約をしてからでも色々と軌道修正は出来ます。しかし勉強は、もともと継続性が非常に大切です。長く生徒と家庭教師の関係が良好に継続するように、家庭教師のタイプを見極めたいものです。「真面目で学力が高い生徒」と家庭教師の相性についてご説明します。

真面目で学力が高い子供向け家庭教師 記事一覧

知性派で合理的な家庭教師/相性=非常に良い/先駆者として子供を指導


真面目で学力が高い男の子

知性派で合理的な家庭教師と、真面目で学力が高い子供の相性は非常に良く、最も理想的な組み合わせの一つです。一緒に高みを目指す家庭教師が理想的で、常に先駆者として子供を指導し、導く立場であり続けられる家庭教師を選びましょう。

≫続きを読む

 

熱心で熱血な家庭教師/相性=良い/目的意識を共有し保護者も一緒に


真面目で学力が高い女の子

熱心で熱血な家庭教師と、真面目で学力が高い子供の場合の相性は目的意識が共有できるので、かなり良いです。この組み合わせならば子供と家庭教師の二人だけでも良いのですが、出来れば保護者も積極的に関わりましょう。

≫続きを読む

 

褒めて伸ばす家庭教師/相性=悪くない/無難な相性で劇的効果はない


真面目で学力が高い男の子

褒めて伸ばす家庭教師と、真面目で学力が高い子供の相性は悪くないという程度です。真面目で学力レベルが高く克己心の強い子供は、褒めてもらわなくても自分でモチベーションを維持し高めていける、褒められる事に慣れているからです。

≫続きを読む

 

友達タイプの家庭教師/相性=悪い/脱線せず勉強集注の姿勢が必要


真面目で学力が高い女の子

友達タイプの家庭教師と、真面目で学力が高い子供の場合の相性は、あまり良いとは言えません。子供の受けが良い教師に対して真面目で成績を上げたいと考える子供は、早く授業を進めてほしい、脱線が多すぎると感じる場合があるからです。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead