知性派で合理的な家庭教師/相性=非常に良い/先駆者として子供を指導

知性派で合理的な家庭教師 + 真面目で学力が高い子供 = 相性 ◎

真面目な子供の場合、理知的で合理的な家庭教師と総じて相性が良いです。

 

特に、成績のいい子供ならその組み合わせは、一つの理想的な形である、と言えます。

 

 

子供が理解する「目標」に向けて

先駆者として子供を指導

先駆者として
子供を指導

知性派で合理的な家庭教師と、真面目で学力が高い子供の相性は非常に良いです。

 

最も理想的な組み合わせの一つです。

 

その理由として挙げられるのが、「子供がしっかりと目標を持ち家庭教師がそれに対し全面的なサポートを行える」という事です。

 

真面目でかつ成績が良い子供の場合、明確な目的意識を持って家庭教師を「使う」事がほとんどです。

 

そのため、余計な会話や雑談は最小限で良く、寧ろ自分と一緒に高みを目指してくれる家庭教師の方が理想的です。

 

そういう意味でも、冷静に合理的に、「合格までの最先端コース」をはじき出す事の出来る、合理的で理知的な教師と相性が良いのです。

 

「教師」であり続ける

真面目な子供の場合、どの組み合わせであっても、家庭教師には常に「教師」でいる事が求められます。

 

つまり、友達や保護者の立ち位置ではいけない、という事です。

 

常に先駆者として子供を指導し、導く立場でなければなりません。

 

真面目な子供の場合、先生に「自分の所まで降りてきてもらう」事は望んでいないからです。

 

それよりも自分をひっぱり、指導してくれる立場を求めているため、一貫して「教師」であり続けられる家庭教師を選ぶべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク