褒めて伸ばす家庭教師/相性=悪くない/余裕を持ちプラスの言い方を

褒めて伸ばす家庭教師 + スポーツ好きで学力が平均の子供 = 相性 △

この言葉が適切かどうかは判断に悩むところではありますが、褒めて伸ばすタイプの家庭教師は、非常に「汎用性の高い」教師である、と言えます。

 

あまり好き嫌いがなく、どのタイプとも比較的相性がいいです。

 

 

心に余裕を持って接する

心に余裕を持ちプラスの言い方を

心に余裕を持ち
プラスの言い方を

褒めて伸ばす家庭教師+スポーツ好きで学力が平均の子供の場合の相性は悪くはないです。

 

可もなく不可もなく、と言ったところでしょう。

 

基本的には指導スタイルは変わりませんが、スポーツ、運動部活動などで子供が遅れてきた時も、「次は遅れないように」と叱責するのではなく、「大変だったね、お疲れだろうけど今からまた頑張ろうね」と声を掛けられる余裕が欲しいです。

 

この意味でも、「褒めて伸ばす」タイプの先生の心のキャパシティの広さに期待をしたいところです。

 

日常会話を意識して取り入れる事とネガティブな言葉の排除

雑談をする必要はありませんが、ある程度日常会話を取り入れるのも理想的です。

 

得意な科目と苦手な科目がはっきり分かれているようなら、「得意な科目をより良く生かしていくために、苦手科目の点数を『補充』しよう」という風に、プラスの言い方を心がけていくのが大切です。

 

その時も、「苦手な科目が得意な科目の足をひっぱっているから、それを解消しよう」などというネガティブな言葉は選ばないように注意します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク