友達タイプの家庭教師/相性=良い/永く付き合え安心して任せられる

友達タイプの家庭教師 + スポーツ好きで学力が平均の子供 = 相性 ○

スポーツが好きで、また運動部活動に熱心に打ち込んでいる子供というのは、ほとんど例外なくコミュニケーション能力が高めで、人と話す事を怖がりません。

 

特に団体スポーツの場合はそうですね。

 

という訳で、友達タイプの家庭教師と、スポーツ優先で学力が平均程度の子供の相性も、お互いの話好きが相乗効果を生み出すので、かなりいい方です。

 

 

末永い付き合いが出来る

末永く付き合え安心して任せられる

末永く付き合え
安心して任せられる

友達タイプの家庭教師+スポーツ好きで学力が平均の子供の場合、上記でも触れましたが、両者が話好きでコミュニケーション能力も高いので、比較的良好な関係を築き上げる事が出来ますので、相性は良いと言えます。

 

この組み合わせの場合、末永い付き合いが期待できます。

 

小学校の6年生、中学校の3年生、高校の3年生で、それぞれ同じ家庭教師にお世話になりました、というケースも、珍しいながら家庭教師仲間で実際に存在します。

 

安心して子供を任せられる

質問事項の掛け合いもスムーズですから、保護者から見て不安に思う事はほとんどないはずです。

 

会話のテンポも速いです。

 

上手くかみ合えば、家庭教師の時間が楽しみになるくらい良好な関係を築き上げる事が出来るでしょう。

 

唯一の心配は、「甘えが出ないだろうか?」という点ですが、この点は保護者の方が気をつけておけば、特に大きな問題にはならないでしょう。

 

けじめとして、スポーツ、運動部活が理由で遅れたのだとしても、必ず子供自身が家庭教師に頭を下げて謝る、という状況を作る事が大切です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク