知性派で合理的な家庭教師/相性=非常に良い/最短時間で最大効果

知性派で合理的な家庭教師 + スポーツ好きで学力が高い子供 = 相性 ◎

今まであまり相性の良くなかった、スポーツ優先タイプの子供と、合理主義の家庭教師。

 

しかしこの組み合わせは、子供側の成績レベルが高いと、大きくその様相を変える事になります。

 

 

「スポーツの時間を削らないための」時間の使い方を提案する

最短時間で最大効果の方法論

最短時間で
最大効果の方法論

知性派で合理的な家庭教師+スポーツ好きで学力が高い子供の場合、その組合せの相性は非常に良いものとなります。

 

特に効果的なのが、先生側が、「スポーツの時間を削らないために、如何に効率よく時間を使うか」という方法を、まず子供に提案する事です。

 

つまり、「最短の時間で最大の効果を」あげる事の出来る「方法論」を教える事です。

 

好きな運動をやりながら高レベルの成績を維持している子供というのは、多かれ少なかれそのノウハウを持っているものですが、それをもっと先鋭化させていくのですね。

 

そしてこのスキルというのを最大限与える事が出来るのは、やはりこのタイプの家庭教師なのです。

 

スポーツ優先タイプの子供への指導

スポーツ優先タイプの子供を指導する場合、家庭教師は、子供の遅刻が、「スポーツの時間が長引いた」などの「正当な」理由である限り、それを叱責してはいけません。

 

そのスポーツの大会などのイベント前の忙しい時期なら、一週間前の授業、講義は中止しても良いでしょう。

 

また、これは特に保護者に言える事ですが、勉強をしない(&成績が伸びない)事のペナルティとして、スポーツ時間の短縮や部活動の停止を、例え脅しであっても口にしてはいけません。

 

スポーツが子供のモチベーションになっている事が多いためです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク