友達タイプの家庭教師/相性=良い/相性・友好性・人間性の見極め

友達タイプの家庭教師 + 天才肌で学力が平均の子供 = 相性 ○

天才肌の子供というのは、家庭教師としての相性がかなり重要です。

 

特に「友達タイプ」を家庭教師に据える場合、その見極めはとても難しいです。

 

 

合致する性格であるなら非常に効果的

相性・友好性・人間性の見極めが難しい

相性・友好性・人間性の
見極めが難しい

友達タイプの家庭教師+天才肌で学力が平均の子供の場合の組み合わせの相性は良いです。

 

非常に良い◎にならない理由は、平均程度の成績を維持する天才肌の場合、見極めが更に厳しくなるからです。

 

天才肌の子供と言うのは、周囲からの評価には頓着しないものの、「人間観察」という研究者としての視線はかなり優れています

 

そのため、相手の友好的な態度が、「家庭教師用に作られたもの」だとすれば、すぐにそれを見抜いてしまうでしょう。

 

これも高校生以上になれば、「仕事だからそういうものだろう」と納得しますが、小学生、中学生くらいの子供ですと、拒否感と嫌悪感を覚えてしまうケースが多いです。

 

しかし言い換えれば、相手の態度が本心からのもので、自分のテンポとあうものならは、吸収力が非常に高くなる、という事です。

 

同じ視点でものを見られるか

平均程度の学力の子供で、かつ天才肌であるならば、「同じ視点でものを見られるか」という事にも注目したいところです。

 

必ずしも家庭教師が、「天才肌」タイプである必要はありませんが、「努力こそが至高であり、目標達成はそれによってのみ成し遂げられる」というタイプは、天才肌の子供にとって「友達」になりにくく、目標意識を共有しづらい、という事を覚えておくべきでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク