褒めて伸ばす家庭教師/相性=良い/認められたい要求を満たす

褒めて伸ばす家庭教師 + 繊細な神経で学力が平均の子供 = 相性 ○

この組み合わせの場合も、それなりに高い効果が期待出来ます。

 

その理由を見ていきましょう。

 

 

認められたいという承認欲求

認められたい要求を満たしてあげる

認められたい要求を
満たしてあげる

褒めて伸ばす家庭教師+繊細で学力が平均の子供の場合の相性は良いです。

 

学力レベルが低い子供の場合よりも一枚ほど落ちますが、十二分に相性がいいです。

 

というのも、人見知りで繊細、おとなしい奥手のタイプの児童というのは、普段の学校生活の中で、教師達から着目される事がとても少ないからです。

 

怒られる事もほとんどありませんが、目立つ事もないので、取り立てて話題に上りません。

 

特に、成績が真ん中くらいの場合、本当に「平均的な子供」と認識されるため、気にかけられる事がないのです。

 

注目される事がそんなに得意ではないタイプのため、あまりストレスは溜まりませんが、それでも認められたいという承認欲求はあるもの。

 

その点をしっかり理解し、接していきたいものですね。

 

得意科目と苦手科目

得意科目と苦手科目が分かれている場合、得意科目にも目をやって褒めていくのが常道ですが、全体的に平均の時はどうすればいいのでしょうか。

 

その際は、「成績に個性がない」と考えるより、「苦手科目が足をひっぱる事もないし、君が受験したい所の受験科目を中心に勉強していけるよ」とプラス方向からアプローチしていく方法が良いでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク