家庭教師の選び方 - 学習習慣を身につける / 小学生

学習習慣を身につける / 勉強に嫌悪感を抱かせない指導を依頼

学習習慣を身につけたい場合、家庭教師には勉強に対して嫌悪感を抱かせない学習指導を依頼するべきです。勉強が好きな子供など多くありません。そこに教師がいる、勉強しなければならないという強制力を家庭教師に期待しましょう。

家庭教師の監視力と勉強は嫌なモノという認識を植えつけない工夫

学習習慣がなかなか身につかない子供にとって、「家庭教師」というのは非常に有効な手段です。

 

それは何故なのか?

 

その理由を、ご説明します。

 

「強制力」はやっぱり大きい! 家庭教師の「監視力」

 

強制力は大きい

強制力は大きい

まず前提として覚えておいてほしいのは、「そもそも勉強が好きな子供など多くない」ということです。

 

中には、「新しいことを知るのが楽しい、いろいろなことを覚えていく過程がすき」という子供もいるでしょうが、それは少数派です。

 

ましてや、その「知ることの面白さ」「勉強への興味」が永続的に続く子供など、本当に一握りでしょう。

 

そのため、勉強をするには、やはりある程度の強制力は必要になります。

 

特に「学習習慣自体がない」子供の場合はなおさらです。

 

そこで有効なのは、塾や家庭教師です。

 

これらを利用する場合、「そこに教師がいる」「嫌が応にも勉強しなければならない」という強制力が生まれます

 

勉強=嫌なモノという認識を植えつけない工夫を

 

しかしここで「強制力」を持っていいのは、あくまで「机に向かうこと」です。

 

非常に難しいことですが、「勉強自体」に対して激しい嫌悪感を抱かせてはいけません

 

「一時的な恐怖心は服従を生むが、長じては意欲の減退を促進する」ということは、何も政治的なものに限りません。

 

手をあげることは論外ですが、叱責したり指導したり怒鳴ったりということも逆効果です。

 

これらを「手段」として用いてしまうと、恐怖心から勉強するようにはなりますが、結局は長続きしないのです。

 

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

学習習慣を身につける / 勉強に嫌悪感を抱かせない指導を依頼 関連ページ

落ちこぼれ対策 / 褒める育てるという段階を踏みレベルアップ
落ちこぼれ対策を家庭教師に依頼する場合は、褒める、育てるという段階を踏みレベルアップさせていく学習指導をお願いしましょう。この場合、家庭教師の相性が合い、教師が子供に付き合ってくれるかどうかが大きなポイントになります。
苦手科目を克服 / 分からない所を正確に把握する事を依頼
苦手科目を克服するためには、家庭教師に分からないところが分からない状況となっている子供の状況を、正確に把握するように依頼しましょう。それが判明したら、その3ステップ前程から解きほぐし、苦手意識を克服していく事が大事です。
成績学業アップ / 実力派家庭教師を選び苦手箇所を明確にしておく
成績学業アップし勉強の出来る子供にするためには、プラス○点保障とか合格率○○%以上などを謳う実力派の家庭教師を選ぶようにしましょう。授業前に苦手な所、克服したい事を明確にしておき効果的、能率的に勉強する事をお勧めします。
中学受験対策 / 志望校に合格させた実績を持つ家庭教師を選ぶ
中学受験対策を家庭教師に依頼する場合は、志望校に受験者を合格させた実績を持つ家庭教師を選びましょう。受験対策として必要となる志望校の問題傾向を読み取り、それに寄り添った対策を練っていくことが可能となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead