家庭教師に依頼するべき事 / 中学生

家庭教師に依頼するべき事 / 中学生 記事一覧

英語と数学の学習指導
中学校授業への移行 / 英語と数学で丁寧な学習指導を依頼する

小学校―中学校への移行がスムーズに行えない場合は、家庭教師を頼むのも有用な方法です。その際の注意時点や、家庭教師の選び方を解説します。最初の問題「英語と数学」英語・数学「小学校と違うところ」でまず思い浮かぶのは、やはり「英語」でしょう。2011年から小学校でも英語教育、英語科目が導入されたものの、まだまだ根付いているとはいえない状況です。かつ、保護者側にも「教えられる下地」が整っていないことも多く...

続きを読む
自発的に勉強する指導
学習習慣を身に付ける / 課題を出し自発的に勉強する指導を依頼

家庭教師を頼み、ある程度「机に向かわざるを得ない強制力」が生まれたのなら、次は自発的に勉強するように持っていきましょう。ここでも、やはり家庭教師の力が大きく働きます。学校の宿題に配慮した上で「課題」を出す課題を出す中学校では、その学校学校、また教師教師によって考え方が違います。宿題を出すところもあれば、生徒の自発性に任せるところもあるでしょう。(以下、紛らわしいので学校で出すものを「宿題」、家庭教...

続きを読む
苦手を得意科目に
劣等感解消と成績アップ / 細やかな学習指導で苦手を得意科目に

保護者のように「考え方を変えれば良い」というのとは違い、プロである家庭教師には純然たる「成果」が求められます。小学校の部分と重なるところもありますが、実体験を基にご説明します。私の状況私の実体験中学校3年になったとき、私の数学と理科の成績は惨憺たるものでした。平均点が60点前後のときに、私の点数は30点前後。国語や英語ではコンスタントに80点台~90点台をマークしていたので、五教科のバランスが思い...

続きを読む
苦手科目克服で偏差値アップ
高校受験対策 / 適切な教材で苦手科目克服で偏差値アップを依頼

偏差値アップは、言ってみれば家庭教師の「十八番」。家庭教師との、賢い付き合い方をマスターするべきです。偏差値アップには「苦手科目」の克服が急務偏差値アップには全体的に偏差値をアップするなら、苦手科目の克服が急務です。得意な科目ばかりを勉強しがちですが、80点のものはいくら点数アップしても、伸び代は20しかありません。しかし不得意な科目で、30点しか取れていなかったのなら、伸び代は70点分ということ...

続きを読む
志望校合格実績を持つ教師
志望校の受験対策 / 志望校合格実績を持つ教師に面接指導も依頼

家庭教師に話をする段階で、「志望校の受験対策 / 本来の志望校かという確認を親子で行う」でご説明した「本当の意味での志望校かどうか」は、ある程度答えを出しておくほうが良いでしょう。家庭教師選びに、大きく関わってくるからです。「志望校に合格させた実績」が問われる志望校合格実績基本的には、「中学受験対策 / 志望校に合格させた実績を持つ家庭教師を選ぶ」でご説明した中学受験のときと同じで、「志望校に合格...

続きを読む

facebook はてなブックマーク