高校受験対策 / 適切な教材で苦手科目克服で偏差値アップを依頼

苦手科目克服で偏差値アップする教材の選び方が上手い家庭教師を選ぶ

偏差値アップは、言ってみれば家庭教師の「十八番」。

 

家庭教師との、賢い付き合い方をマスターするべきです。

 

 

偏差値アップには「苦手科目」の克服が急務

偏差値アップには

偏差値アップには

全体的に偏差値をアップするなら、苦手科目の克服が急務です。

 

得意な科目ばかりを勉強しがちですが、80点のものはいくら点数アップしても、伸び代は20しかありません。

 

しかし不得意な科目で、30点しか取れていなかったのなら、伸び代は70点分ということになります。

 

そのため、全体的な偏差値アップを目指すなら、苦手科目を克服したほうがトクなわけです。

 

そしてこれは、「劣等感解消と成績アップ / 苦手科目を作らず得意科目で点数獲得」でもご説明したように、家庭教師の得意技です。

 

「分からない」が「分かる」になれば苦手科目は面白い

家庭教師が、「分からないところを分かるようにする」という技術に長けているということは、何度も述べてきたとおりです。

 

もう1つのメリットとしては、少しずつでも分かってきたら、勉強がとても楽しくなる、ということがあげられます。

 

私は数学だったわけですが、家庭教師から学習指導を受けることで、最後にはパズルを解いているような気分になりました。

 

そのため、効率のよい偏差値アップをするためには、「教材の選び方が上手い」家庭教師を選ぶということも大事な要素です。

 

はじめのうちはごく簡単なものを選び、徐々にハードルをあげていくのですが、ある程度のレベルに達したとき、「今できるであろう能力値よりも少しだけ簡単なもの」を選ぶか、逆に「歯ごたえのあるもの」を選ぶかを、子供の性格によって見極められる力がないといけません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク