家庭教師の選び方 - 教師と保護者へのアドバイス

家庭教師と保護者へのアドバイス

家庭教師に向く人、家庭教師が向かない子供、契約、教師に求められる知識、指導力、保護者のサポートなど、家庭教師をしようと考える方自身と家庭教師を雇う保護者の方に対する、一般的で基礎的なアドバイスをお伝えします。

家庭教師と保護者へのアドバイス 記事一覧

家庭教師に向いている人とは自分の感情を律することが出来る人


家庭教師に向いている人

家庭教師にも適正があります。家庭教師を行う上で最低限必要なのは、自分の感情を律する事です。生徒を叱る時もあくまで諭すという立場を貫かなければなりません。学力レベルはもちろん、コミュニケーション能力も求められます。

≫続きを読む

 

家庭教師が向かない児童と有効な児童のケース


家庭教師が向かない児童と有効な児童

家庭教師は全ての児童に向くわけではありません。一対一がプレッシャーになる児童に家庭教師は向きません。逆に集団授業レベルが高すぎてついていけない、あるいは低すぎて意味がないと思っている児童には、家庭教師は非常に有効す。

≫続きを読む

 

家庭教師契約はプライベートでも契約書を交わす


プライベートでも契約書

家庭教師の契約は、たとえ親しい間柄のプライベートなものでも、契約書を交わす事をお勧めします。将来のトラブルを回避するだけではなく、約束事としてお互いが認知することによって、緊張感や線引き、自覚が生まれます。

≫続きを読む

 

家庭教師に求められる知識・指導力と保護者のサポート


保護者のサポート

家庭教師は子供に対し、威圧的であってはいけませんし、甘やかすようなことになってもいけません。また、質問に的確に答えられる知識や指導力も必要です。さらに保護者も家庭教師をサポートするようにしましょう。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead