大学受験での家庭教師の選び方のまとめ / 予備校の併用も有効

メリットが多くリスクが回避出来る家庭教師派遣会社を活用

大学受験対策に万全を期する為に、家庭教師を子供に付ける事に加えて、予備校にも通わせる事をお勧めします。

 

 

予備校のテキストを家庭教師と活用

予備校の併用

予備校の併用

あくまでも子供の合意が必要で強制すべきではありませんが、予備校+家庭教師という体制は万全の体制と言えます。

 

予備校だけでも偏差値アップが期待出来ますが、お勧めの活用方法は予備校で手に入るテキストを家庭教師との学習にも応用するというものです。

 

予備校のテキストは、志望大学ごとに内容が研鑽されており、非常に効率の良い優秀な教材です。

 

その教材を活用し、家庭教師と一緒に使うという方法は非常に有用な勉強法です。

 

予備校との併用は、家庭教師と相談の上、決めるようにして下さい。

 

家庭教師派遣会社の中には、「予備校併用コース」を設けている会社もありますので、資料請求などでチェックされる事をお勧めします。

 

大学受験用の家庭教師選びのポイント

  • 的確な進路指導と不得意科目の見切り判断
  • 受験勉強を続ける中での学力の伸びしろの予測
  • 模試などの結果を鑑みた進路変更や修正の指導能力
  • 最新の大学入試情報と傾向知識を有する
  • 受験までのスケジュールを立案し管理する能力
  • 志望大学入学試験専門の特化した学習指導能力
  • 実際の入学試験解答テクニックとノウハウの指導能力

 

以上が大学入試用家庭教師選びのポイント、条件で、これらのいずれでも家庭教師派遣会社はアドバンテージを持っています

 

小学生、中学生に家庭教師を付ける場合は、まだ時間的な余裕があります。

 

時間を掛けて学習能力を上げる、苦手教科を克服する、場合に依っては家庭教師をチェンジする事も可能です。

 

しかし大学受験は待ったなしです。

 

メリットが多い、そしてリスクが回避出来る家庭教師派遣会社の活用をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク