家庭教師の選び方 - 学習障害・知的障害の子どもの学力面での特徴

学習障害・知的障害の子どもの学力面の特徴

学習障害、知的障害という言葉も一般的になってきていますが、学習障害を持つ子どもに対し学校の勉強に付いていかせる、勉強をする習慣を身に付けさせるためには、正確にの学習障害の子どもの学力面での特徴を理解し把握しておきましょう。

学習障害・知的障害の子どもの学力面の特徴記事一覧

学習障害の子どもは文字の読み書きや文章をまとめる事が苦手


勉強する子ども

学校の授業が理解できていないと子どもを怒ってしまうことはありませんか?もしかしたら、学習障害があって同じ年齢の子たちと同じ勉強方法ではツラいのかもしれません。学習障害があると読解力が不足していることが多くあります。

≫続きを読む

 

周りの音や光で気が散ってしまい勉強に集注できない学習障害


何かを見つめる子ども

学習障害を持つ子どもの特徴は“すぐに気が散ってしまう”ことです。外から聞こえる車の走る音やキラキラと光る太陽の光などに注意が向いてしまい、目の前にある机の上の教科書や黒板などへの興味がなくなってしまいます。

≫続きを読む

 

好きな事には異様なほど興味を示す学習障害の子どもの特徴


暗記する子ども

学習障害や知的障害を持った子どもたちは、すぐに別のところに意識がいってしまうことが特徴ですが、自分が好きなことに異様なほどに興味を示すことも特徴です。興味を持っていることを上手に活用して学習しましょう。

≫続きを読む

 

学習障害の子どもには学校の授業のペースは苦痛である


学校の授業で手をあげる生徒たち

学習障害や知的障害を持っている子どもたちは文字の読み書きを習得する段階で他の同級生たちよりも遅れています。他の同級生が次の学習に進んでいても、読み書きで苦戦しているために学習することをツマラナイと感じるのです。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead