学習障害・知的障害の子どもの学力面の特徴

学習障害・知的障害の子どもの学力面の特徴 記事一覧

勉強する子ども
学習障害の子どもは文字の読み書きや文章をまとめる事が苦手

最近では“学習障害”という言葉が頻繁に聞かれるようになりましたが、“学習障害”であると判断する基準はどういったポイントとなるのでしょうか?“学習障害”や、軽度の“知的障害”の場合、子供たちは学校の勉強についていくことができず、「自分は勉強ができない子なのだ」と落ち込んでいたり、投げやりな気持ちになっていたりするケースが少なくありません。読み書きが苦手な学習障害の子供学習障害は読み書きと長い文章が苦...

続きを読む
何かを見つめる子ども
周りの音や光で気が散ってしまい勉強に集注できない学習障害

学習障害や知的障害を持つ子供たちは、学校の授業中や家庭での学習に神経を集中していることができません。学校での授業中でも、授業の初めのうちは学習に集中していても、教室に差し込むキラキラした太陽の光や、外から聞こえてくる車の音や鳥の声などに意識が向いてしまい、先生の授業よりも、自分の意識の向いた、自分が興味を持つモノへと関心が高まり、結果的に学習に集中できなくなってしまいます。そういった意味では、学習...

続きを読む
暗記する子ども
好きな事には異様なほど興味を示す学習障害の子どもの特徴

学校の授業でも家庭での勉強でも、すぐに別のところに意識がいってしまい気が散ってしまったり、集中力が欠けてしまったりということが学習障害や知的障害の子供たちの特徴ですが、こういった子供たちは自分が好きなことには異様なまでに興味を示し、抜群の集中力を発揮します。興味津々な学習障害の子供抜群の記憶力を持つ学習障害私たちも自分が好きなことを趣味にして、休日を使って好きなことをしてストレスを発散しリフレッシ...

続きを読む
学校の授業で手をあげる生徒たち
学習障害の子どもには学校の授業のペースは苦痛である

学習障害や知的障害を持つ子供たちは、学校の同級生たちと同じように学習を進めることができずに、授業だけではなく学校も面白くない、ツマラナイと感じていることが多くあります。さらには、自分に自信を無くしてしまい、笑顔を失くしていることもあります。学校がまったく面白くない学校嫌いになりやすい学習障害誰しもが同じなのですが、勉強や学習というものは自分が理解したときに初めて“楽しい”と感じるものです。小さなこ...

続きを読む

facebook はてなブックマーク