好きな事には異様なほど興味を示す学習障害の子どもの特徴

自分の好きなこと興味を持ったものには熱中して取り組む

学校の授業でも家庭での勉強でも、すぐに別のところに意識がいってしまい気が散ってしまったり、集中力が欠けてしまったりということが学習障害や知的障害の子供たちの特徴ですが、こういった子供たちは自分が好きなことには異様なまでに興味を示し、抜群の集中力を発揮します。

 

 

興味津々な学習障害の子供

抜群の記憶力を持つ学習障害

抜群の記憶力を
持つ学習障害

私たちも自分が好きなことを趣味にして、休日を使って好きなことをしてストレスを発散しリフレッシュすることがあります。

 

学習障害や知的障害を持つ子供たちは、自分の好きなことには熱心に取り組みますが、幼いために“どこまで熱中したらいいのか”という程度が理解できていません。

 

興味のあることに熱中しすぎてしまい、他の同級生たちに不気味がられたり、いじめられたりしてしまうこともありますので、周りの大人たちが上手にサポートしていくことが重要であり、大人たちの役目でもあります。

 

もちろん、何かに熱中することは良いことですし邪魔をする必要はありません。

 

しかし、熱中しすぎて学習が疎かになり、学習不足で大人になってから日常生活を送れなくなってしまっては困るため、熱中しているものを上手く利用して学習を進めていくことが大切です。

 

好きなものは覚える

学習障害や知的障害のある子供たちは、自分の好きな物ごとに対しては抜群の記憶力を発揮します。

 

例えば、自動車が好きという子供は日本だけではなく海外のメーカーや車種などを全て暗記していますし、クラシックカーの名前や年式だけではなく歴史まで暗記しています。

 

その記憶力を学習に生かせればいいのにと嘆いてしまう方もいるようですが、興味のあることを利用して日常生活に必要な学習をすればいいのです。

 

有名なところでは、タレントで慶應義塾大学法学部政治学科卒業のミッツ・マングローブさんは、自ら学習障害であったことを公表していますし、早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業の経済評論家(公認会計士)の勝間和代さんもADHD(注意欠陥多動性障害)であったと公言されています。

 

実際に学習障害を持ちながらも、周囲の大人や学校の教師、また家庭教師から適切な学習指導を受けたことにより、学校での成績がバツグンとなった事例は少なくありません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク