家庭教師の選び方 - 学習障害の子どもとの勉強部屋の環境

学習障害の子どもと家庭教師の勉強部屋の環境

学習障害や知的障害を持つ子どもに家庭教師をつけることは積極的に取り入れて頂きたいことですが、学習をする勉強部屋の環境を整えることも重要なことです。また子どもの反応に合わせて親が同席すること、褒めることに関してお伝えします。

学習障害の子どもと家庭教師の勉強部屋の環境記事一覧

家庭教師に教わるときは学習障害の子どもが勉強しやすい環境を


勉強する男の子

学習障害や知的障害を持つ子どもたちは集中することが困難であったり、すぐに違うところに気を取られたりして学習に身が入らなくなってしまうことがあります。子ども本人の特徴に合わせて学習に集中できる場所を用意しましょう。

≫続きを読む

 

テレビなど気が散るものは学習障害の子どもの勉強の邪魔になる


テストの解答用紙

当たり前のことですがテレビが付いている部屋での学習は集中できるものではありません。学習障害の子どもは音や光に敏感ですのでテレビに気を取られてしまい、学習どころではなくなってしまいますのでテレビ自体を部屋に置かないことです。

≫続きを読む

 

学習障害の子どもの勉強に親が同席するケースと離れて見守るケース


親に勉強をみてもらう女の子

学習障害を持つ子どもが家庭教師と一緒に学習を進めているとき、親としては気になってしまうところです。学習する子どもにもよりますが、親が同席したほうがいい場合と同席せずに家庭教師と2人にするほうがいい場合があります。

≫続きを読む

 

家庭教師と学習を進める学習障害の子どもは褒めることが大切


テストのはなまる

家庭教師と学習を進めている学習障害を持つ子どもたちは、褒められることによって「よし!頑張るぞ」と学習意欲が湧いてきます。私たちも誰かから褒められることで「また、頑張ろう」と思いますから、それは当たり前のことなのです。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead