学習障害の専門的な知識と体験を有する家庭教師をつける

学習障害専門の家庭教師か福祉の世界を志した人を

学習障害を持っている子供たちは、同級生たちと同じように学習を進めることができないことに精神的に落ち込んで心を痛めています。

 

“友だちと同じように勉強ができない”と悩んでいる学習障害を持っている子供たちには、学習障害の子供専門の家庭教師、及び福祉系の学校の出身者や学生の家庭教師をお勧めします。

 

福祉の世界を志した人であれば学習障害や知的障害に関する知識もありますし、福祉の世界を目指す“優しさ”を兼ね備えています。

 

 

学習障害専門の家庭教師

学習障害専門の家庭教師を

学習障害専門の
家庭教師を

学習障害を持っている子供たちは、生まれつき脳の機能が少し違っており、周りの子供たちと同じ学習をしても同じように理解できません。

 

学習を理解できないことで落ち込んでしまったり、やる気がなくなったりしていますし、学校に行くことすら億劫になっていることもあります。

 

学習障害・知的障害・発達障害 / 専門知識と経験を持つ家庭教師を」にも書きましたが、学習障害の子供への学習指導を専門にするプロの家庭教師がお勧めです。

 

家庭教師のノーバス

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
右側「こころの未来」をタップ

 

福祉の知識を持っている家庭教師

福祉系学校の出身者や学生も、学習障害の子供にお勧めの家庭教師です。

 

福祉系の大学、専門学校や高校などに通う人は「社会に貢献したい」「社会的に立場が弱くなってしまった人の支えになりたい」という想いや優しさを持っているからこそ、福祉の道を選んでいます。

 

福祉関係の学校に通ったのであれば、福祉関係の知識を持っています。

 

福祉を学んでいなくても優しさや思いやりをもって家庭教師をしてくれる人はいますが、その人たちは学習障害や知的障害に対しての知識が欠けている場合もあります。

 

学習障害や知的障害に対しての知識がない場合、なにかが起こったときに即座に判断して行動することができません。

 

知識を持っていれば、学習障害の子供の対応もわかりますから安心できます。

 

すべてのことに言えることですが、ただ“優しい”だけでも“貢献したい”と思っても、知識がなければ中途半端になってしまうのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク