学習障害の子どもから笑顔が消えていく時は家庭教師を変える時

学習障害の子供が親に遠慮し無理をする事がある事を肝に銘じて

学習障害を持つ子供たち自身にも、自分の親が“なぜ家庭教師をつけたのか”という理由を雰囲気で感じている場合があります。

 

 

敏感な学習障害の子供

親が学習障害の心を読み取る

親が学習障害の
心を読み取る

学習障害の子供は、「自分は勉強ができないから家に家庭教師の先生が来てくれているんだ」と漠然と理解していますし、親が“自分のため”にしてくれていることも雰囲気で感じ取っているかもしれません。

 

家庭教師との相性が悪く、学習することをツラいと感じていたとしても、親が“自分のため”にしてくれたことなので我慢してしまうこともあります。

 

学習障害や軽い知的障害を持っている子供たちは周りから卑しめを受けバカにされたり、イジメを受けることがあったりする場合が多いというのが悲しい現実です。

 

イジメを受けている子供たちは、自分が精神的に傷つくことを恐れて人の表情を読み取ることが、悪い意味で上手くなります。

 

親の表情を読み取り、親に心配をさせたくないという思いから、“大丈夫!楽しくしているよ!”と演技をしてしまうことも少なくないのです。

 

普段から子供とコミュニケーションを

家庭教師との相性が合わずに学習することがツラいと思っていては、学校での授業となにも変わらず、家庭教師を頼んでいる意味がありません。

 

普段から子供とコミュニケーションを取り、子供の表情や行動、言動などから本当の気持ちを汲み取ることができることが大切です。

 

もし、家庭教師の来る日に無理をしている様子や笑顔が少ないなどと感じるときや、日に日に笑顔が少なくなっていくときは家庭教師を変えることを検討してみてください。

 

学習することを楽しいと感じていれば、子供は家庭教師が来ることを楽しみに待っているはずです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク