理解できた事で勉強が楽しくなり自信を持つ学習障害の子ども

学習が理解できたことで自信を持って行動できるようになった!

学習障害や軽い知的障害の子供たちは学校の授業が理解できていないことで、自分が同級生よりも学習の理解で遅れをとっていることで、大きく自信を失って落ち込んでいます。

 

学習を理解できずに落ち込んでいることが根源となり、自分の行動など全体的に全てのことに関して自信を失っていることもあります。

 

 

家庭教師のおかげで勉強が楽しくなる

勉強が楽しくなり自信が持てる

勉強が楽しくなり
自信が持てる

家庭教師と一緒に自分のペースで確実に学習を進めて理解していくことで、勉強することが楽しくなった子供たちが多くいます。

 

学習を理解できないことで諦めてしまい、学習することに意欲が無くなり「自分はどうせできない」と落ち込んでしまっていたのです。

 

家庭教師が子供の特性に合わせて学習を進め、確実に理解するまで指導してくれることによって理解することの楽しさを教えてくれたのです。

 

今でも感謝している相性の良かった家庭教師の先生」でお伝えしているように、当サイト管理人の私にも同じ経験があります。

 

当時、中学3年生であった私は、不得意科目の数学と理科の学習指導を家庭教師から受け、私の理解度を正確に把握した家庭教師から非常に適切な学習指導を受けた結果、苦手だった科目を勉強することが楽しくなり、抜群の成績アップに成功した経験を持っています。

 

私たちも“楽しい”と思うことは自発的にやろうとしますから、学習を“楽しい”と感じれば、次の段階へ進みたくなります。

 

少しずつでも“できること”が増えてくることで、楽しさも増してくるのです。

 

自信が持てるようになった

学習を理解できないことで同級生たちと比較してしまい、学習だけでなく全体的に自信を失っていた子供が、理解できたことで学習以外にも自発的に行動するようになり自信を持てるようになったというケースがあります。

 

学習障害を持っていても家庭教師と自分のペースで確実に理解していくことで“やればできる”という気持ちが芽生えてきます。

 

子供自身が学習を理解することで“やればできる”ということに気付くことで、学習に対する意欲も大きくなります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク