家庭教師の選び方 - 発達障害を持つ子ども

発達障害を持つ子どもと家庭教師

家庭教師であれば発達障害を持つ子のフォローを学校や塾よりきめ細かくすることができます。学習教材や学習内容、先生との相性など色々相談することができるので、まずは発達障害を持つ子どもにも対応可能な派遣会社をみつけましょう。

発達障害を持つ子どもと家庭教師記事一覧

サボりがちな学習塾から発達障害を持つ子どもを助ける家庭教師


学習塾に通う子ども

学習塾に通っているはずの発達障害を持つ子どもが、実はサボって別の場所で時間を潰していたということもあります。塾によっては入退出情報を保護者に連絡するシステムを整えていることもありまが、それすら役に立たないのが現実です。

≫続きを読む

 

家庭教師であれば発達障害の子の自己肯定感を養いやすい


男性家庭教師と女の子

発達障害を持つ子どもの場合、塾に通うことで他者と比較される機会が増えるために、勉強キライや失望感が増す恐れがありますが、マンツーマン指導である家庭教師であれば比較されるシーンが少ないので、自己肯定感を養いやすくなります。

≫続きを読む

 

家庭教師と得意なことを追求させ発達障害の子を伸ばす


女性の家庭教師と楽しそうな女の子

発達障害を持つ子どもを伸ばすには得意なことをとことん追求させることが近道です。親や学校、塾では出来ないことに時間をかけるように指導しがちなので、信頼できる家庭教師を探して、得意なことから学ばせてみましょう。

≫続きを読む

 

家庭教師なら作れる発達障害を持つ子どもに必要な学習環境


教科書

発達障害を持つ子どもの場合、子どもの特性にあった筆記用具や教材を使うことが重要です。しかしながら、塾や学校だと、他の子と異なるものを使うことでからかわれる可能性があるので、子どもの負担を減らすためにも家庭教師が安心です。

≫続きを読む

 

家庭教師なら親も一緒に発達障害の子の姿を見守れる


女の子の勉強を見る男性の家庭教師

子どもが塾に通っていると子どもが勉強している姿や他者と接しているときの態度を親が見ることができません。発達障害を持つ子どもの場合、これらの状況を親が知ることが大切になります。このことからも家庭教師は有効です。

≫続きを読む

 

家庭教師は発達障害の子の宿題もサポートして成績アップを応援


男性の家庭教師と女の子

学校の成績はテストの点が良くても提出物ができていないと伸びません。発達障害を持つ子どもにとって宿題があることを認識することと、宿題に取り組むこと、提出することのそれぞれに困難があるので、親や家庭教師のサポートが大切です。

≫続きを読む

 

学校に通えなくなった発達障害の子を支援する家庭教師


苦しい表情の男の子

発達障害を持つ子どもの多くが、一時的に学校に通えなくなったり別室登校をすることで授業に参加できなくなったりします。親は学習の遅れが心配でなんとか学校に行かせようとしますが、それであれば家庭教師をつけると良いでしょう。

≫続きを読む

 

先生を選べる家庭教師なら好き嫌いの激しい発達障害の子も安心


男性の家庭教師と話し合う家族

家庭教師の良さは子どもに合った先生を選んだり、途中で交代してもらったりすることができることです。好き嫌いの激しい発達障害を持つ子どもの場合、先生によって学力が上がったり下がったりするので、塾よりも家庭教師がお勧めです。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead