発達障害を持つ子どもと家庭教師

発達障害を持つ子どもと家庭教師 記事一覧

学習塾に通う子ども
サボりがちな学習塾から発達障害を持つ子どもを助ける家庭教師

発達障害を持つ子供の勉強にとって、学校以外の場所での学習が重要となります。ただし、その学校以外が学習塾である場合、思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。発達障害の子供を学習塾に行かせるリスク発達障害の子供に塾は不向き学習塾には個別指導塾と集団塾があり、発達障害を持つ子供であれば、子供の学習速度や習熟度に合わせて学習できる個別指導塾の方が合っているかと思います。ただし、勉強すること自体に抵抗感のあ...

続きを読む
男性家庭教師と女の子
家庭教師であれば発達障害の子の自己肯定感を養いやすい

生まれた瞬間から他者と比較されながら育つ子供…子供が小さいときであれば、お父さんやお母さんが「他の子」と「うちの子」という視点で比較しますし、学校に通うようになれば友達や友達の親、先生などが、子供たち同士を比較し始めます。発達障害を持つ子供の生きづらさ比較せず自分らしく居られる環境を発達障害を持たない子供と比較して、日常生活や学習面で苦労の多い発達障害を持つ子供は、親や先生、友達から認められる機会...

続きを読む
女性の家庭教師と楽しそうな女の子
家庭教師と得意なことを追求させ発達障害の子を伸ばす

学校に通っている限り、学年ごとで覚えなくてはいけないこと、習得しなくてはいけないことがあります。ですが発達障害を持つ子供で、もしすでに学校での勉強に追いつくことが出来ていないのであれば、必要なことを万遍なく覚えさせるという考えから脱却することをお勧めします。時間を無駄にしがちな発達障害を持つ子供発達障害の子には得意なことをどんどんやらせる「できないことを一生懸命に取り組みなさい」とか「できないから...

続きを読む
教科書
家庭教師なら作れる発達障害を持つ子どもに必要な学習環境

私立の学校であれば、発達障害を持つ子供に対して、特別なテキストを先生が作成しているところもありますが、公立の場合、そこまでのフォローは期待できません。フォローを得るために、発達障害の子供を私立に受験させるという方法もありますが、学力がなければ受験が難しいのも現実です。子供が使いやすい筆記用具を与える発達障害の子に合った筆記用具と教科書を発達障害の子供が勉強をする際には、子供が使いやすい筆記用具を用...

続きを読む
女の子の勉強を見る男性の家庭教師
家庭教師なら親も一緒に発達障害の子の姿を見守れる

家にいるときの子供の様子と外にいるときの子供の様子は、必ずしも一致しません。これは発達障害であってもなくても同じことですが、発達障害を持つ子供の方が、その差が顕著です。子供の外の顔と家庭内での顔を知る親以外の人と接する際の態度を知る家では大人しい子でも親の目が届かないところでは、落ち着きがなく常にふざけているような子がいます。また、家では親の話を一切聞かず、何か気に障るようなことがあればすぐに暴れ...

続きを読む
男性の家庭教師と女の子
家庭教師は発達障害の子の宿題もサポートして成績アップを応援

学校の成績はテストだけでは決まりません。テストでは点数が取れる子も提出物(宿題)が出せていないことで、著しく評価が落ちることもあります。発達障害を持つ子供が宿題があることを忘れたり、認識していなかったりすることは良くあることなので、親のフォローも大切です。宿題の有無を確認する方法家庭教師に宿題のサポートをお願いするそもそも宿題があるかどうかを子供が知らなければ前には進みません。まずは学校の先生に宿...

続きを読む
苦しい表情の男の子
学校に通えなくなった発達障害の子を支援する家庭教師

ご両親のなかには、泣き叫ぶ子供を無理矢理学校に行かせた経験のある方もいるかと思いますが、発達障害の子供の多くが不登校や別室登校を経験しています。学校に通えなくなる発達障害の子供不登校になりがちな発達障害の子供友達ができない、授業が面白くない、イジメを受けた、先生や同級生からからかわれた、学校に来るなと言われた等、学校に通いたくない子供の理由はさまざまです。発達障害の子供は、イジメを受けやすいタイプ...

続きを読む
男性の家庭教師と話し合う家族
先生を選べる家庭教師なら好き嫌いの激しい発達障害の子も安心

先生という存在は子供にとって尊敬できる存在であることが大切です。当然、先生にも知らないことはありますし、間違ったことを言ってしまうこともあるでしょう。でも、それらも含めて、尊敬できるかどうかがポイントです。発達障害を持つ子供の好き嫌い子供に合った先生を選べる家庭教師発達障害を持つ子供は、ヒトや食べ物、道順等、何かしらに強いこだわりを持っている傾向があります。好き・嫌いがハッキリしており、好きな人の...

続きを読む

facebook はてなブックマーク