サボりがちな学習塾から発達障害を持つ子どもを助ける家庭教師

塾をサボりがちになりやすい発達障害を持つ子供たち

発達障害を持つ子供の勉強にとって、学校以外の場所での学習が重要となります。

 

ただし、その学校以外が学習塾である場合、思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。

 

 

発達障害の子供を学習塾に行かせるリスク

発達障害の子供に塾は不向き

発達障害の子供に塾は不向き

学習塾には個別指導塾と集団塾があり、発達障害を持つ子供であれば、子供の学習速度や習熟度に合わせて学習できる個別指導塾の方が合っているかと思います。

 

ただし、勉強すること自体に抵抗感のある子供や、狭いスペースでの学習に圧迫感を持つ子供の場合、個別指導塾であっても集団塾であっても上手くいかないことがあります。

 

また、学習塾までひとりで通うとなると、その道のりの中で、何か気になる出来事に遭遇した結果、塾にまで到達することができず、欠席してしまうこともあります。

 

さらには、周囲の子と馴染めない、勉強についていけないと感じてしまうことで、塾に行くことを勝手に止めてしまうこともあります。

 

学習塾によっては、子供の入退出情報を保護者にメールで連絡するシステムを活用しているところもありますが、これを使うためには子供自身がリーダーにカードをかざす必要があるので、子供がカードを忘れたり、失くしたり、かざし忘れたりすれば保護者に入退出情報の連絡は届きません。

 

このため、例えメール連絡が来なくても、それがどのような理由で来ないのかまで把握できないので、あまり意味がないのです。

 

このように、発達障害を持つ子供の学習塾通いにはいろいろなリスクがあることを認識することが大切です。

 

保護者の目が届く家庭教師

学習塾ではうまくいかなくても、自宅で学習することのできる家庭教師であれば、少なくとも保護者が子供の状況を把握できないということはありません。

 

また、授業をボイコットするような確率も塾よりは低くなることでしょう。

 

なにより、学習塾に通うという時間をカットできますし、その分安全面でも安心することができます。

 

発達障害を持つ子供にとって家庭教師を付けることは、学習塾に通わせるリスクを回避し、保護者自身の心配事を減らす効果もあります。

 

発達障害児専門の家庭教師

家庭教師のノーバス

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
右側「こころの未来」をタップ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク