家庭教師であれば発達障害の子の自己肯定感を養いやすい

発達障害を持つ子供を伸ばす家庭教師の指導

生まれた瞬間から他者と比較されながら育つ子供…

 

子供が小さいときであれば、お父さんやお母さんが「他の子」と「うちの子」という視点で比較しますし、学校に通うようになれば友達や友達の親、先生などが、子供たち同士を比較し始めます。

 

 

発達障害を持つ子供の生きづらさ

比較せず自分らしく居られる環境を

比較せず自分らしく
居られる環境を

発達障害を持たない子供と比較して、日常生活や学習面で苦労の多い発達障害を持つ子供は、親や先生、友達から認められる機会が少なく、むしろ叱られてばかりだったり、恥をかかされるシーンが多かったりするため、子供が感じる精神的な負荷はとても重いのです。

 

しかしながら、その負担を理解することは例え親であっても難しく、子供を助けることは容易ではありません。

 

発達障害を持つ子供は苦しいことや悲しいことがあっても、それを表現する手段に乏しいので、親が気が付けないことすらあるのです。

 

せめて比較されない環境を作る

「自分の子供なのだから、何も言わなくても分かる」と子供の気持ちを決めつけてしまう人もいますが、これは子供の心の傷を深めます。

 

子供の気持ちを決めつけたり、子供の気持ちを知ることが出来なかったりするのであれば、せめて、子供が自由で自分らしく居られる環境を作ることが大切です。

 

発達障害を持つ子供は他者と比較をしても良いことはありません。

 

比較をするのであれば、その子が3歳の時と比べてどうであったかとか、去年と比べてどうであるとか、子供の軸で観てあげましょう。

 

学校以外の場所で勉強をするのであれば、他者と比較されたり競争することを強いられたりする塾より家庭教師の方がお勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク