家庭教師と得意なことを追求させ発達障害の子を伸ばす

発達障害の子供にとって学習への興味が広がりやすい家庭教師

学校に通っている限り、学年ごとで覚えなくてはいけないこと、習得しなくてはいけないことがあります。

 

ですが発達障害を持つ子供で、もしすでに学校での勉強に追いつくことが出来ていないのであれば、必要なことを万遍なく覚えさせるという考えから脱却することをお勧めします。

 

 

時間を無駄にしがちな発達障害を持つ子供

発達障害の子には得意なことをどんどんやらせる

発達障害の子には得意な
ことをどんどんやらせる

「できないことを一生懸命に取り組みなさい」とか「できないからこそ努力しなさい」というような言葉を親や先生は子供に伝えがちです。

 

しかしもしも子供が発達障害を持っていたり、その疑いがあるようであれば、時間ばかりが無駄に流れてしまう恐れもあります。

 

ひとことに勉強ができないといっても、その原因はさまざまです。

 

原因について診断が出ている子であれば対処することも可能ですが、診断が出ていない子の場合、勉強時間を長くしたからといって成績が伸びるわけではありません。

 

得意なことから興味を広げていく

子供に好きなことや得意なことがあれば、まずは子供が納得いくまで、そのことをやらせてあげましょう

 

そして、少しずつ、それに関連した別のことも教えていきます。

 

とくに社会が得意な子であれば、歴史上の人物と絡めて他の科目に通じることを教えることができるので、興味の範囲を広げやすいかと思います。

 

ただし、そのためには子供に勉強を教える側が、さまざまな分野に精通していなれば困難です。

 

また、学校の教師の場合は教えることのプロではありますが、生徒ひとりにかけることのできる時間が限られているため、そこまでのフォローはできません。

 

そこで残る選択肢が、経験豊富な家庭教師に任せるという方法です。

 

親はついつい子供を心配して、成績の悪い科目やニガテ科目を伸ばすことばかり考えがちですが、まずは得意なことをどんどんやらせて、時間を有効に使いながら、他の科目に興味を持たせてもらうように依頼してみましょう。

 

ご紹介の「家庭教師のノーバス」では、不登校・LD・ADHD・自閉症の専門コースが用意されており、発達障害を持つ子供の学習指導経験のある家庭教師を選ぶことができます。

 

家庭教師のノーバス

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
右側「こころの未来」をタップ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク