家庭教師は発達障害の子の宿題もサポートして成績アップを応援

学校の宿題も手伝うことで発達障害の子を支える家庭教師

学校の成績はテストだけでは決まりません。

 

テストでは点数が取れる子も提出物(宿題)が出せていないことで、著しく評価が落ちることもあります。

 

発達障害を持つ子供が宿題があることを忘れたり、認識していなかったりすることは良くあることなので、親のフォローも大切です。

 

 

宿題の有無を確認する方法

家庭教師に宿題のサポートをお願いする

家庭教師に宿題の
サポートをお願いする

そもそも宿題があるかどうかを子供が知らなければ前には進みません。

 

まずは学校の先生に宿題の有無やその内容について親が把握する手段がないか尋ねてみましょう。

 

もしかしたら、先生から直接宿題の範囲や内容を教えてもらえるかもしれません。

 

また、先生から情報を得ることが難しいようであれば、毎晩、友達に確認するよう子供に伝えるのも効果的です。

 

今では小学生でも何通りかのコミュニケーションツールを持っているので、それを最大限に利用するということです。

 

子供に宿題を取り組ませる方法

勉強がキライな子やニガテな子、すでに遅れている子にとって、宿題はとてもハードルが高いものです。

 

宿題をやるように伝えても、ただ教科書とノートを開いただけで、それ以上の作業が進まないこともあるでしょう。

 

ただ、なにかしら取り組んだという形跡を残さなければ成績は下がりますし、担当の先生によっては、最初から最後まできちんと出来ていないと受け取りを拒否することすらあります。

 

親が子供の宿題に最初から最後まで付き合いきれれば良いのですが、宿題の量や頻度によっては現実的ではありません。

 

そこで、週に何度か家庭教師に来てもらい、宿題を済ますための時間を作ってもらうことをお勧めします。

 

「家庭教師のノーバス」の不登校・LD・ADHD・自閉症の専門コースがお勧めとなります。

 

家庭教師のノーバス

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
右側「こころの未来」をタップ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク