学校に通えなくなった発達障害の子を支援する家庭教師

家庭教師であれば不登校になった発達障害の子のサポートも可能

ご両親のなかには、泣き叫ぶ子供を無理矢理学校に行かせた経験のある方もいるかと思いますが、発達障害の子供の多くが不登校や別室登校を経験しています。

 

 

学校に通えなくなる発達障害の子供

不登校になりがちな発達障害の子供

不登校になりがちな
発達障害の子供

友達ができない、授業が面白くない、イジメを受けた、先生や同級生からからかわれた、学校に来るなと言われた等、学校に通いたくない子供の理由はさまざまです。

 

発達障害の子供は、イジメを受けやすいタイプの子や、悪意なく他の子を叩き周囲から叱責されるタイプの子もいます。

 

このような結果として学校に通えなくなる子が増えているのです。

 

学校側のフォローが手厚ければ、別室登校という選択肢を提示されるかもしれませんが、それができないこともあるでしょう。

 

また、科目による成績の差にも開きのある子が多いため、先生から「やればできる」とか「サボっているから出来ないのだ」と叱咤されがちですが、そのようなことが重なることでプレッシャーを感じ、身体的な拒絶反応が出て登校できない子もいます。

 

不登校になるということ

近年では、学校に通いたくない子供には無理に登校をさせないという風潮もありますが、その一方で自分の子供が登校を嫌がった際には、どうにか学校に通わせると考えている方もいます。

 

現実的に不登校になれば学習に遅れが出ますから、心配になるのは当然かと思います。

 

ただ、無理に登校させたところで、果たして集中して授業に参加できますでしょうか。

 

子供の学習の遅れを気にかけるのであれば、家庭教師をつけることをお勧めします。

 

中学校までであれば例え不登校になったとしても卒業はできます。

 

高校受験も高校によっては可能ですから、親が悲観的になる必要もありません

 

不登校児に関しては、以下のカテゴリー記事を参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク