先生を選べる家庭教師なら好き嫌いの激しい発達障害の子も安心

発達障害を持つ子供にとって塾より安心できる家庭教師の制度

先生という存在は子供にとって尊敬できる存在であることが大切です。

 

当然、先生にも知らないことはありますし、間違ったことを言ってしまうこともあるでしょう。

 

でも、それらも含めて、尊敬できるかどうかがポイントです。

 

 

発達障害を持つ子供の好き嫌い

子供に合った先生を選べる家庭教師

子供に合った先生を
選べる家庭教師

発達障害を持つ子供は、ヒトや食べ物、道順等、何かしらに強いこだわりを持っている傾向があります。

 

好き・嫌いがハッキリしており、好きな人の話は良く聞くけれど、嫌いな人の話はまったく聞かないということも往々にしてあります。

 

とくに目上の人に関しては、自分が尊敬できるか否かで意識的に接し方を変えていることもあります。

 

担当を選ぶことも交代することも可能な家庭教師

学習面においても、尊敬できる先生の授業は良く聞くのに、尊敬できない先生の授業には参加しないということもある発達障害を持つ子供。

 

学校の先生は選ぶことも代えることもできませんが、家庭教師であれば選ぶことや交代することも可能です。

 

子供の勉強が進まない、あまりのやる気のなさに呆れる等、子供の学習支援に難しさを抱えている方は、ひとまず家庭教師を検討されてはいかがでしょうか。

 

尊敬できる家庭教師との出会いで変わる子供の能力

苦手な科目であっても「先生が面白い(もしくは尊敬できる)から勉強する」という子もいれば、得意な科目においては、「教科書やテキストに書かれている以上のことを先生が教えてくれるから面白い」と感じる子もいます。

 

先生(家庭教師)は子供にとっての手本となる存在ですから、先生に影響されて子供が良い方向に伸びていくことも十分に考えられます。

 

発達障害専門の家庭教師

家庭教師のノーバス

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
右側「こころの未来」をタップ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク