家庭教師トラブルを解消するための家庭教師協会は被害者の相談に

「家庭教師協会」は2つある : 業者とトラブル相談窓口

「家庭教師協会」という言葉をネットで検索してみると、まず目に入るのは、「家庭教師協会」という名前の業者でしょう。

 

これは、例えば「トライの家庭教師」「ガンバの家庭教師」と同じで、業者名の一つに過ぎません。

 

ですがもうひとつ、まったく意味合いが異なる「家庭教師協会」も出てくるでしょう。

 

今回は、この後者の方の「家庭教師協会」についてご説明します。

 

 

家庭教師トラブルを解消するための家庭教師協会

家庭教師協会

家庭教師協会

家庭教師に関しては、きちんとした規則や連盟があるわけではありません。

 

いろんな企業が、よく言えば自由に、悪く言えば野放図に取り扱っている状況です。

 

そのため、ここで触れる「家庭教師協会」も、あくまで行政書士などが独自に行っているものであり、存在しない県もあります。

 

愛知県と岐阜県の「家庭教師協会」では、家庭教師を頼む際にありがちなトラブルを解消するべく、立ち上げられたものです。

 

被害者の相談にのってくれる

「不当とも思える教材費を要求された」

 

「途中契約に応じてもらえない」

 

「問い合わせたら、担当者が退職したので契約解除が難しいと言われた」

 

などの家庭教師に関するトラブルに直面したときに、被害者が泣き寝入りせずにすむよう相談にのってくれるのです。

 

もちろんこの相談で、全ての事例が解決するわけではありません。

 

しかし、「全く何をしていいのかわからない」「あきらめるしかないのか」と迷う人たちにとって、家庭教師に関するトラブル解決の一筋の光明となることは間違いありません。

 

一部の県にしか存在しませんが、全国的な組織化が待ち望まれます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク