不登校経験者 不登校中の子と保護者へのアドバイス

不登校問題解決のキーワードは「いつも親子で一緒に」

不登校となった子供の勉強を家庭教師にみてもらう事には多くのメリットがありますが、勉強面で遅れないようにするだけではなく、最終的には子供が精神的に立ち直ることを目指すべきです。

 

不登校を経験した生徒のコメントで、「不登校中の子へのアドバイスは」をご紹介します。

 

 

不登校中の子へのアドバイスは?

不登校中の子へのアドバイスは?

不登校中の子への
アドバイスは?

  • 学校に行けなくなった最初の頃は、気持ちの整理ができなくて、親と話しをすることは出来ないでしょうが、少し落ち着いて、自分の将来を考えることができるようになったら、親、そして信頼できる学校の先生と、相談するべきです。
  •  

  • 落ち着いたら、自分の本心を家族、親しい人、先生に話せば、随分と楽になります。でも、慌てることはないです。
  •  

  • 自分は将来、何になりたいかを考えて、そのためには、今どうするかを考えてみて下さい。そこで復学するのがベストであれば、それに向けて努力する。また他の方法があるなら、それを親や先生と相談する。何も前の学校に戻ることだけがベストとは限らないと思います。
  •  

  • 復学を決めても、もとのクラスメートがどういう反応するか心配でしたが、私の場合、クラスメートの反応はさまざまで、何もなかったように無関心な人、さぼっていたなとでも言いたそうな人、陰口を言う人、そして喜んで迎えてくれる人・・・でも、お付き合いができる人だけを見つめて、その人たちだけと交際すれば、何ということも無いです。1週間もすれば、自分がいなかったことなど、多くの人が忘れてしまいます。

 

担任に相談を

不登校問題を、学校の先生に相談することを避ける保護者の方がみえますが、とても残念なことです。

 

言葉で「信用して下さい。」というのは簡単ですが、不登校に真剣に親身に取り組む教師は少なくありません

 

お子さんのためにも、どうか、せめて担任には相談をされるようにお願いします。

 

不登校の子を持つ保護者へのアドバイスは?

保護者へのアドバイスは?

保護者への
アドバイスは?

不登校となった生徒に、「不登校の子を持つ保護者へのアドバイスは?」とアンケートでたずねた結果の、心打たれるコメントをご紹介します。

 

不登校の子供を持つ保護者の方は、必ず読んで下さい。キーワードは「いつも親子で一緒に」です。

 

とても心打たれるコメントとなっています。ご参考にして下さい。

 

不登校経験者1

私は不登校を克服し復学が出来ましたが最後まで私にとって大切な存在は、親でした。

 

不登校となった頃は、親に対して、ひどい言葉や態度で接していました。

 

それに対して親は泣いてばかりで、そんな関係がイヤでした。

 

でも、最後まで私を見守ってくれた親には言葉に出来ないほど感謝しています。

 

お子さんが不登校となったショックは子供も知っています。

 

最初は悪態をつくでしょう、生活のリズムも乱れ、このままでは子供の未来がどうなるか心配で眠れないこともあるでしょう。

 

しかし、どうか最後まで声をかけつづけ、いつも一緒にいるということをお子さんに伝えて下さい

 

かならずお子さんも、いつか心を開いて、一緒に解決の道を考えはじめます。

 

私自身、悪態をつきながらも、どこか心の中で、いつも親に甘えていたと感じています。

 

親を、頼りにしていた、最後に頼れるのは親しかいない、そう感じていたと思います。

 

アドバイスというより、経験者からのお願いです。

 

不登校経験者2

私の家庭は母子家庭です。

 

私にいつも優しく励ましてくれた母には、とても感謝しています。

 

母が私には決して涙を見せませんでしたが、よく泣いていたのは知っています。

 

働いている母に迷惑、心配をかけている自分が許せない気持ちでした。

 

でも、私だけではなく、母も頑張ってくれている、優しいだけではなく、一緒に頑張ろうとしていると気が付いたとき、目が覚めた気がしました。

 

不登校という経験は、私にとって、良い経験だったと思います。

 

もう二度と、大切な母を悲しませることはしません。

 

不登校の子を持つ親には、私の母のように、一緒に優しく、子供の気持ちを理解して頑張って欲しいと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク