不登校児の親・保護者 子供の接し方で失敗した事・改めた事・反省点

不登校には親子関係を見直し改善できるメリットがある

不登校の子供に家庭教師をつける事を含め、不登校の児童に対する保護者の接し方は最も注意をしたいものです。

 

実際の不登校児の保護者の方々のアンケート結果を参考にしましょう。

 

 

不登校児保護者の回答 1 子供の接し方で失敗した事・改めた事は

不登校の子供を経験し克服に成功した保護者のコメントで、「子供への接し方で失敗したこと」「子供の接し方で反省し改めたこと」をご紹介します。

 

不登校となっても、親は子供に平常心で接しましょう。

 

不登校中の子供への接し方で失敗したことは?
接し方で失敗したことは?

接し方で
失敗したことは?

  • 学校に行かせることを最優先したこと。
  •  

  • 復学することだけが、最良の道と考えて子供に接したことです。
  •  

  • 感情的になり、どうして行かないのか、何度も何度も問い正してしまったこと。
  •  

  • 態度の悪い子供に、親も感情的に対応し、叱ってばかりいた。
  •  

  • 私自身がパニック状態となり、腫れものにでも触るように、子供に言葉もかけなかったことです。
  •  

  • まさか自分の子供が不登校になるとは夢にも考えていなかったので、現実を受け入れられなかった。
  •  

  • 子供を救いたい一心で、子供の気持ちが落ち着いていないころから、色々な転校先について話しをしたことです。
  •  

  • 不登校は恥ずかしいこと、悪いことと考えて、子供のことより世間体を考えていたと反省しています。
  •  

  • この子の将来は、これで終わりと感じてしまい、泣いてばかりいたことで、子供に辛い思いをさせたと思っています。

 

子供の接し方で反省し改めたことは?
  • 親である自分が不登校という現実を受け入れ、精神的に冷静となり、その上で子供の将来を落ち着いて考えるようにしました。
  •  

  • 子供の精神状態を尊重し子供が落ち着いてから不登校の原因を聞き、また1日家にいても良いように家の環境を整えました。
  •  

  • 腫れものに触るというのではなく、あくまでも親として、最も近い大人として、平常心で接するように改めました。
  •  

  • 学校だけが全てではない、と考えを改めました。
  •  

  • 不登校は悪いことという考えを止めました。

 

傷つきやすい子供

不登校になってしまう子供の大半は感受性が豊かで繊細で傷つきやすい子供です。

 

親の感情的な接し方は無論、腫れものに触るような対応も適切な対応ではありません。

 

気を遣い過ぎる親の態度は、子供に敏感に察知され、不登校=良くないことをしている、という自責の念をより募らせることとなります。

 

不登校となった頃の対応は、その原因や子供の性格によりますので非常に難しいものですが、最低限、親はパニックにならず、平常心で接してあげるべきでしょう。

 

不登校児保護者の回答 2 反省点は・子供に対する想いの変化は

不登校児童を経験した保護者のコメントで、「不登校になる原因を知り親として反省すべきことは」「不登校中の子供に対する想いの変化は」をご紹介します。

 

不登校で得られるメリットを知りましょう。

 

不登校になる原因を知り親として反省すべきことは?
親として反省すべきことは?

親として
反省すべきことは?

  • 不登校になる前、成績のことで叱ってばかりいました。子供にプレッシャーを与え過ぎていました。
  •  

  • 小さな頃から、あまり甘えさせなかった、親の愛情が足りなかったと反省しています。
  •  

  • 不登校の原因を聞いて初めて分かったのが、子供が思っていたより精神的に幼いということでした。もっと聞きわけのある子と思っていたので、それがストレスになったと反省しています。
  •  

  • 私も主人も、あまり子供を褒めることをしていなかったと思います。子供は、もっと親に自分を認めてもらいたかったようです。
  •  

  • 勉強、学校の成績第一主義でした。子供の視野、立場になって物事を考えていませんでした。

 

不登校中の子供に対する想いの変化は?
  • これ以上のプレッシャーは自分には無理というサインを不登校という形で表した子供に感謝しています。もしも限界を越えていたら、大切な子供がどうなっていたかと考えると、大切なことを親子で冷静に考える機会が与えられたと感じました。
  •  

  • よくここまで頑張っていたね、一人で辛かっただろうね、という愛おしい気持ちで一杯になりました。心配はもちろんありますが、前よりも子供が好きになりました。
  •  

  • 子供の意見、考え、ものの考え方を否定しない、まずは受け入れる、それが親の役目だと分かり、そのように接するようになりました。
  •  

  • どんなことでも褒めるようにしました。褒めるというより、認めてあげる、ということでしょうか。出来たこと、努力したことを褒める、認めるように接しています。
  •  

  • あなたをを愛していること、誰よりも大切に思っていることが、きちんと伝わるように接するように心掛けるようになりました。
  •  

  • こうして生きていてくれる、一緒にいてくれることに感謝する気持ちで接しています。

 

親子関係を見直して改善できるメリット

不登校となった事、さらに親子で不登校を克服したという経験で得ることができるものは、むしろメリットの方が多いかもしれません。

 

少なくとも、親子関係を見直し改善することについては、ご紹介のように大きなメリットであるといえるでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク