家庭教師の選び方 - 不登校の定義・保健室登校・高校進学・中学の学習内容

不登校の定義・保健室登校・高校進学・学習

不登校のお子さんを持つ保護者に方からよくあるご質問で、不登校の定義、保健室登校とそのメリット、不登校でも高校に進学できるのか、家庭教師などを付けるにしても家庭学習で中学の学習内容に遅れることはないのかについてお伝えします。

不登校の定義と不登校となった子ども救える人


不登校の定義は30間連続で学校を休んだ場合、また年間欠席日数30日とされています。子供は信頼できる大人を求めます。問題解決では教師にも限界があり家庭の理解と協力が必要です。不登校を救えるのは保護者である事を理解しましょう。

≫続きを読む

 

保健室登校は卒業を控え不登校になる可能性のある生徒に有効


保健室登校は、不登校と認定される累計30日以上の欠席を免れる1つの有効な手段です。特に3年生で卒業と受験を控えた生徒には、保健室登校をお勧めします。こちらで、実際に保健室登校を経験した生徒のコメントをご紹介します。

≫続きを読む

 

不登校の高校進学・進学できる学校と中学校卒業程度認定試験


不登校でも、公立、私立、定時制・通信制高校に進学できます。公立高校では、不登校枠入試を実施する自治体もあります。私立高校は、公立ほど内申書を重視しません。また定時制・通信制高校では全日制と同じ高卒という学歴を得られます。

≫続きを読む

 

不登校児と中学の学習内容・まとめ


中学での学習内容は、学校の教師無しで独学でも充分に学べる内容です。何も学校に無理をして通う必要はありません、学校が全てではありません。不登校は、まず学校の先生とよく相談してみる事、そして我子を信じる事が一番大切な事です。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead