不登校の定義と不登校となった子ども救える人

不登校の問題解決には必ず家庭の理解と協力が必要

学校に行かなくなり不登校となりそうな、また既になってしまった子供を持つ親御さんとしては、一体何日、学校を休むと不登校扱いとなるのか気になるところと思います。

 

 

不登校の定義 30日学校に行かないと不登校となる

欠席数が、年間30日以上で不登校となるというのが一般的な認識となります。

 

30日間連続で学校を休んだ場合、また年間の欠席日数が合計30日で不登校となります。

 

ちなみに不登校の定義を文部科学省は、
「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しない、あるいはしたくともできない状況にあるため年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」
としています。

 

不登校の現状に関する認識 - 文部科学省

 

不信頼できる大人を求める児童

救える人は限られています

救える人は
限られています

中学校で教師を務める私のところには、毎週必ず生徒が相談に来てくれます。相談内容はさまざまですが、学校を休みがちな、いわば不登校予備軍の生徒も相談に来ます。

 

学校に来たくないという理由もさまざまですが、中には深刻な問題を抱えている生徒もいます。

 

泣きながら相談をする生徒、または私のアドバイスに泣きだす子も少なくありません。

 

私自身、教師の1人として、相談されることに、大きな喜びと遣り甲斐を感じます。

 

私を信用してくれているのだな、頼りにしてくれているのだな、慕ってくれているのだなと・・・

 

不登校で学校に通えなくなってしまった状態を、真剣に克服したいと考えているんだな、と。

 

しかし同時に不安も感じます、何故ならこの子等には他に頼れる、信頼できる大人がいないのか、と・・・

 

教師としての限界

私達教師も、「いじめ」をはじめとする問題に真正面から取り組んでいますが、不登校に関しては必ず家庭の理解と協力が必要です。

 

また同時に、いくら生徒から信用されていても、不登校の生徒、学校を休みがちな生徒の、家庭の中まで入り込んで指導するには、限度があります、越えてはならない一線があります。

 

明らかに家庭に問題があると分かっていても、いくら担任の先生といえども、生活指導の教師でも、教師が家庭内の問題を解決することは不可能です。

 

不登校を克服する、または学校以外の道に生き甲斐を見つけるキッカケは、不登校となってしまった原因が人それぞれであるように、立ち直るキッカケ、それを作った人も、またそれぞれで、それが常に親であるとは限りません。

 

しかし全面的なサポートにしろ、側面からの支援にしろ、またたとえ片親でも、不登校な児童を救えるのは親、または親とほぼ同じ役目をしている人だけです。

 

これは断言します。

 

救える唯一の存在である方は、是非ともご一読して頂き、愛する子供を救ってあげて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク