保健室登校は卒業を控え不登校になる可能性のある生徒に有効

保健室登校について・経験した不登校児のコメント紹介

保健室登校で、不登校と認定される累計30日以上の欠席を免れるというケースは決して少なくありません。

 

特に3年生で卒業や受験を控えた生徒には保健室登校を強くお勧めします。

 

学校の校舎さえ見たくないという不登校の生徒の場合は別ですが、不登校の生徒の中には勉強は続けたい、出来れば不登校を克服したい、進学したいと望んでいる子が多いのが現状です。

 

私も実際にフォローし、保健室に顔を出しますが、日に日に明るくなる生徒を見るのは嬉しいものです。

 

保健室登校について、学校側と相談してみて下さい。実際に保健室登校を経験した生徒のコメントをご紹介します。

 

 

保健室登校を経験して

  • 私の場合、保健室登校で週に4回、学校に通いました。先生は、「無理しないで、週に1度でも月に1度でもいい」と言ってくれたので、とても気が楽に通えました。また通学は、みんなより遅く登校し、逆に早く帰ってもOKで、とても助かりました。勧めてくれた担任の先生に感謝しています。
  •  

  • 保健室登校では、保健室に入って、相談相手の先生と話しをしたり、また給食も保健室に運んでもらって、顔を合わせたくない人と合わなくてすむので、とても良かったです。もちろん、勉強も保健室で出来ました。もしも学校に行きたいという気持ちがあるなら、お勧めです。
  •  

  • 保健室登校は、やって良かったと思っています。中学2年から保健室登校して、中学3年生からは、普通のクラスに通えるようになりました。保健室に登校したおかげで、欠席扱いにはならず、高校受験にはとても助かりました。
  •  

  • 私の場合、保健室では、どんなことでも自由にさせてもらいました。勉強したい学科を選んで、普通のクラスの子がしてるテストやプリントもしました。おかげで学力は、全く変わりませんでした。
  •  

  • 保健室登校をしましたが、保健の先生が、色々と親身になって悩みを聞いてくれたことが一番嬉しかったです。保健の先生のアドバイスで、クラスに復帰できました。

 

私からの保健室登校についてのアドバイス

保健室登校について

保健室登校について

学校に対して不信感を持ってみえる、また家庭の事情を知られたくないと思われる保護者の方は少なくありません。

 

その辺りの事情、現状は教師も、学校側も把握しています。

 

しかしながら、不登校という事態に際し、最低でも1度は、担任、生活指導、学年主任、教頭に相談することを強くお勧めします。

 

そこで何らかの解決方法が見つかれば良し、また見つけることが出来なくとも学校の環境を改善することは可能です。

 

小学校、中学校の義務教育の場合、不登校の事例報告を受けた教育委員会は、その学校に対して改善命令を出します。

 

これにより、欠席日数を増やさない改善処置が施され、こちらにご紹介しました保健室登校という手段も提示されます。

 

保健室登校ではなく、特別な部屋を用意する学校もあります。

 

保健室登校で、不登校、つまり連続欠席、累計30日以上の欠席を免れるというケースは消して少なくありません。

 

特に3年生、卒業を控えた不登校になる可能性のある生徒には有効な手段として、お勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク