不登校児と中学の学習内容・まとめ

不登校児と中学の学習内容・まとめ

不登校児のよる学業の遅れは、最も大きな心配事です。

 

学校に通わなくても、自宅での学習だけで中学で勉強べき学習内容は習得出来るのかどうか…親御さんの心配事でしょう。

 

 

中学での学習内容について

中学での学習内容

中学での学習内容

私は現在中学で数学を教えてえいます。

 

「数学」と聞くと、大人の方でも、「数字に弱いから・・・」などと言われる方がみえますが、数学は楽しいパズルで、基本を学べばとても面白い学科です。

 

中学で生徒が習う教科、学習の内容は小学校の次に習うべき内容ですが、とても基本的な事柄となっています。

 

我々中学の教師は、その基本を生徒に教えていますが、これは学校の教師無しで独学でも充分に学べる内容です。

 

意志が強く応用の効く子なら、一人で教科書さえあれば、学ぶことが出来ます。

 

意志が弱い、応用が効かない子でも、親、学習塾の個人指導、家庭教師で充分に学習が出来ます。

 

現役の教師のコメントとしては不適切かも知れませんが、中学程度の学習内容であれば、何も学校に無理をして通う必要はありません。

 

学校が全てではない、これを覚えておいて下さい。

 

まとめ・注意点

不登校となった子供については、まず学校の先生とよく相談してみて下さい。

 

また各市町村自治体の教育委員会にある教育相談窓口に相談を持ちかけてみて下さい。

 

これだけでも改善する場合はあります。

 

子供に対して親がなすべきこと、それには終わりはないものかも知れません。

 

しかし、愛する子供を救えるのは、あなただけです。

 

焦らず、感情的にならず、子供自身が自分の中に立ち直り、不登校を克服し、元気を取り戻すのを温かい愛情をもって見つめてあげて下さい。

 

そして、親である貴方自身も、子供の力を信じて、元気になりましょう。

 

この子は私の子なんだ。だから必ず出来る。

 

そう信じましょう。

 

最後に私の好きな言葉を2つ贈ります。

 

私は決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も新たな一歩となるからだ。
エジソン:発明家

 

逆境に勝る教育なし
ディズレーリ:イギリスの政治家・小説家

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク