不登校児に家庭教師を付ける際の選び方と学習指導の決め方

不登校児に家庭教師を付ける際の選び方と学習指導の決め方

不登校となった児童でも、勉強好きである子、頑張りやであった子は少なくありません。

 

 

不登校児の特性・弱点などを正確に把握する家庭教師を選ぶ

家庭教師と学習指導

家庭教師と学習指導

学校に通えなくなってしまっても、向学心を持ったまま勉強したい、学びたいと感じている不登校児は多くいます。

 

また進学が出来なくなるのではないかと、心配な気持ちに落ち込むこともあります。

 

子供が持つ向学心を正確に把握し、学習での弱点を見つけ、それを補う学習指導プランを立て、また進学などの相談にのってくれる家庭教師を選ぶようにしましょう。

 

限られた時間での学習指導を家庭教師と相談して方針を決める

不登校児の学習指導に対応している家庭教師派遣会社には、子供のその時点での学力、履修済み科目の進度、弱点、また学習指導の個別目的に合わせた指導をお願いしましょう。

 

例えば数学で遅れをとったという認識があるなら、それを先ず重点的に指導するように依頼します。

 

進学のために受験に合格することが目的であれば、その目的達成のための勉強指導をお願いしましょう。

 

学校に通う児童に対する家庭教師の学習指導は、学校の授業+家庭教師ですが、不登校児の場合は限られた時間での重点的な学習指導を目指す必要があります。

 

まだまだ精神的に疲れている不登校児です、負担がかかる長時間の勉強などは、子供の状態を見守りながら進める必要があります。

 

家庭教師の人選を終えて、その人に学習指導をお願いすることを決めたら、よく相談し、依頼したいことを詳細に伝え、また適宜、定期的に学習の進度、状態なども家庭教師から報告を受けるようにしましょう。

 

必要とあれば、家庭教師とよく相談し、時には子供も含めて打合せをすると良いでしょう。

 

不登校のハンディーキャップを跳ね返す家庭教師の有効利用

不登校というハンディーキャップを跳ね返すための家庭教師の有効利用として、引き続き当サイトで

  • 通信制高校に入学し同時に家庭教師に学習指導を依頼する
  • 高卒認定試験に合格し大学に進学するため家庭教師を付ける
  • 資格を取る・海外留学するために家庭教師から授業を受ける

ためのアドバイスをお伝えしますが、いずれの場合も特定の目的達成のために不登校となった子供に家庭教師を付けることは、それぞれメリットがあります。

 

それぞれ家庭教師に依頼する事として、

  • 通信制高校での単位取得と卒業
  • 高卒認定試験への合格と大学入試対策
  • 資格取得の合格と海外留学のための外国語学習

をメインにすれば、それぞれの目標達成の可能性が飛躍的に高くなります。

 

このように、不登校と家庭教師の組み合わせは非常に有効でお勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク